FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゴミから宝へ:鳩間島の取り組み

1月2日の八重山毎日新聞の記事をご紹介します。

琉球の島に行き、海岸を歩くたびに漂着ごみ問題に心を痛めていました。

鳩間島での試みが、他の島でも実践されようとしています。鳩間島のNPOが活動の中心になっており、自治の力が島のごみ問題を解決する力になっています。

自らの島でうまく行った方法を他の島に伝えていくという、島と島とのこのようなネットワークは大変、重要です。


発砲スチロールからスチレン油
世界初、全国展開へ

 竹富町鳩間島で2009年から行われてきた海岸に漂着する発泡スチロールをスチレン油に変える「宝の島プロジェクト」が10年6月から長崎県対馬市でも始まった。

昨年11月には、鳩間島で世界初となる「車両移動式油化装置(プラント)」の公開実験も行われ、全国への展開が期待されている。車両移動式油化装置の開発により、漂着ごみの回収現場で発泡スチロールを油化することが可能となり、漂着ごみの処理コスト低減化も期待されている。

■油化プラント
 車両移動式油化装置は09年に同島に設置された固定式油化プラントを軽量・小型化し、4トントラックに設置。発泡スチロールを破砕機で細かくし、約350度の熱分解釜で蒸発させて灯油に近いスチレン油を精製する。

 油化装置は、2.3メートル、1.6メートルの固定式に対して2.1メートル、1.1メートルに縮小。処理能力は固定式と同様で1時間当たり20キロの発泡スチロールを破砕。1時間当たり10キロの発泡スチロールを油化し、10リットルのスチレン油を精製できる。

 汚れた発泡スチロールや色つきでも油化可能で海岸漂着ごみは大部分のごみに塩分が含まれており、いろんな成分が混ざっているものを従来とまったく変わらずに油化できる点が特徴。砂や木くず、塩分を残渣(ざんさ)として取り出せる。

■対馬市の取り組み
 長崎県対馬市の海岸には漂着ごみが年間約4400トン流れ着いており、深刻な問題となっているため、同市峰町櫛の対馬クリーンセンター中部中継所に油化プラント(固定式)を整備し、昨年6月から稼働している。

 これまでは北九州市の施設で処理していたが処理費とは別に輸送コストで年間約800万円が必要となり、油化プラントによる輸送コストの低減化を図っている。

■移動式油化プラントの導入と全国展開へ
 鳩間島で公開された移動式油化プラントは先島地区に配備され、各地で行われる海岸清掃の際、活用される。

 日本海難防止協会と日本財団では対馬地区にも配備する予定で、来年度中には全国に移動式プラント3台を導入する予定で鳩間島の取り組みは国内の各離島地域にも波及している。

 対馬では海岸の総延長が約900キロ、西表島でも約200キロあることから、移動型プラントは輸送コスト低減化への期待が高く、同協会の大貫貫伸主席研究員は「移動式油化装置で海岸清掃を行っているところに直接いけるようになり、漂着ごみ問題を切り口に鳩間島のモデルを黒潮に乗せて全国に展開させたい」と展望を話した。

■鳩間のNPO「南の島々(ふるさと)守り隊」
 同プロジェクトの中で漂着ごみの回収を担当し、油化プラントを稼働させてきたNPO法人「南の島々(ふるさと)守り隊」(浦崎金雄理事長)。月2、3回の海浜清掃で回収した発表スチロールから約20リットルのスチレン油を生成しているという。

 昨年11月には社会貢献支援財団が主催する社会貢献者表彰(海の貢献賞)も受賞しており、浦崎理事長は「小さな島でも環境を重視していることをアピールすることに意味があり、そういうことを今後も発信していきたい」と抱負を話した。

 今後の課題について浦崎理事長は「西表から輸送されてきた発泡スチロールも油化しているが、これを西表に持って行くことで鳩間よりも油の需要があると思う。油の使い道をどのように確保していくかが課題だ」と需要拡大を強調した。

 また、大城正明事務局長も「油化装置ができて、これまで厄介者だった漂着ごみが本当に宝物になるんだと実感している。移動式プラントの稼働も始まり、各島々から移動型プラントを使った実証実験の要望もある。我々も早めにプラントの操作を習熟して頑張りたい」と話した。

 鳩間小中学校との連携についても「活動の中で社会教育の推進を重要視しており、児童生徒と海岸清掃を一緒に行う取り組みや収集したごみの油化などを子どもたちに説明している」と話し、今後の活動が期待されている。
スポンサーサイト



<< 波照間島のもちきび:ゆいまーるの島での取り組み | ホーム | 米豪と地球温暖化問題、海面上昇による飢餓、米のミサイル実験場と化した太平洋 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP