FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

波照間島のもちきび:ゆいまーるの島での取り組み

1月2日の八重山毎日新聞の記事です。

波照間島に調査に行ったとき、家の前の道路にもちきびをおいて太陽の下で日の光にさらしているのを見たことがあります。また共同売店でももちきびをうっており、お土産で買ったこともあります。波照間島の人々が、心をこめて長年つくってきたのが、もちきびです。

学校給食での利用、農事組合法人、生産組合による特産物化等、さまざまなとりくみが、島民の自治的自覚を基盤にして行われています。

波照間島といえば、ゆいまーる活動も盛んであり、島の自治の力で島の経済が元気になっているのです。



粉末化で可能性広がる、パンやポタージュにも

 健康志向が全国的に広がる中、竹富町波照間島の「もちきび」が注目を集めている。もちきび市場では従来から「波照間もちきび」が品質の良さで好評だったが、安定・定量生産が課題で、竹富町の補助で選別機を導入。さとうきびとの輪作に適していることから、生産体制も整いつつある。また、粉末化することで商品の幅が広がり、今後の販路拡大が期待されている。

■波照間島のもちきび
 波照間島は、さとうきびの生産が基幹産業だが、もちきびも島の土壌に適し、昔から栽培されている。もちきび生産農家はさとうきびも栽培しているため、輪作を行うことで、2つの収穫増につながっている。
 
健康志向で全国的にもちきびの需要が高まり、島内の農家が2005年12月に波照間島もちきび生産加工販売研究会を発足。

 ブランド化に向けた勉強会や講演会を開催するなど活動を展開し、07年6月には波照間もちきび生産組合が発足した。

■波照間もちきび生産組合
 同組合は島内の学校給食にもちきびを利用した地産地消料理の提案を行うことで、消費拡大と普及活動にも取り組んできた。

 生産拡大の取り組みで2005年が作付面積約20ヘクタール、収量約20トンから07年には作付面積約24ヘクタール、収量約23トンと増加している。

 また、もちきびは製品化までの作業の中で香りと色つやを向上させるため、3日間程度行う天日干しによる乾燥作業と精白後に異物を取り除くため100キログラムに約20日間要する重労働となっていたが、08年6月には竹富町の補助を受けてもちきび選別機を導入。100キログラムの選別が約4時間で終了するなど作業の省力化が図られた。

 選別を複数回行うことで残る不純物が0.4%以下となるうえ、袋詰めまで機械でできるため、大幅な労働力削減と品質向上が図られている。

 また、同組合は農林水産業と関わりを持ち、地域が誇れる魅力ある農山漁村を形づくる「ふるさとづくり」に取り組んでいる団体や地域に活力を与えることが期待できる団体を対象に贈られる「沖縄、ふるさと百選」に選ばれるなど、地域の活性化に寄与していることへの評価も高い。

■農事組合法人うれしい農
生産農家を中心に2010年1月には農事組合法人うれしい農(仲底善信理事長)が設立した。波照間もちきび生産組合を法人化したもので、同法人では島特産のもちきびの粉末としての利用を模索しており、粉末を利用したポタージュやパン、マフィンなどの料理が開発され、料理の素材としてのもちきびの可能性が広がっている。
 
同法人では波照間もちきびにより付加価値を付け、利用の幅を広げようと、家庭用の粉末機を使い粉末に加工。料理のレシピを付けて販売することで、粉末のPRを行っている。

■製粉化による展望
 同法人では市内のパン屋やホテルなどに、もちきびの粉末を利用した料理や加工品の開発を依頼。パンやモチ、クッキー、せんべい、カステラなどが試食品として開発され、美ら花グループ(宮平康弘代表)では「黄実パン」「黄実すし」「黄実シーフードライスコロッケ」の3品を開発。宮平代表は「波照間産もちきびを使った品々を全国に届けたい」としている。

 同法人では今後、製粉機が家庭用で量産ができないことから、将来的には業務用の製粉機を導入し、もちきび本体との販売比率を半々程度にまで拡大する方針。

 仲底理事長は「農家も頑張って、日本一おいしいもちきびを作りたい。島で面積拡大は難しい。粉末にし、食材とすることで付加価値を付けたい」と話しており、今後の展開に期待がかかる。
スポンサーサイト



<< 石垣金星さんから年頭挨拶 | ホーム | ゴミから宝へ:鳩間島の取り組み >>


コメント

食材革命は、沖縄を救う!!

健康指向も、人間の原点であります!

注目の栄養素を含んだ健康食品も、バランスよく、生活や文化の中に、どんどん、取り入れるべきなのです。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP