FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

静岡と沖縄結ぶ黒潮

私は静岡に縁があり2002年から住み始めました。歴史、文化、気候、風土等、琉球との関連性を見出すことができました。自然が豊かで、路地販売店も多く、地産地消の取り組みも活発です。

静岡では多くの方々に支えられ生活を送ることができことがでました。心より感謝したいと思います。琉球では見ることのできない富士山を毎日のようにみながら、琉球について考えています。

2004年4月15日の静岡新聞朝刊に「本県と沖縄結ぶ黒潮」と題する私の小論が掲載されましたのでご紹介します。



 「駿河っぽう」という言葉があるように、静岡の県民性は、「穏やか、温和、のんびり、寛容」といわれることが多い。

その背景には、あくせく働かなくても暮らしてゆける恵まれた自然の存在がある。駿河湾に暖かい黒潮の支流が流れているため、気候が温暖である。登呂遺跡のように稲作文化も花開いた。

静岡はミカン、イチゴ、お茶の全国有数の産地となった。また、駿河湾はよい魚場でもあり、魚種の多さは日本第二位である。

黒潮のながれに乗ってカツオやマグロも湾の中に入ってくるという。駿河湾がもたらす自然の豊かさが、穏やかな県民性を生んだのだろう。

 暖かい気候、豊かな食生活、のんびりした県民性は、私の故郷である沖縄と同じである。龍華寺のソテツや、里山にみられる芭蕉の木をみると沖縄を思い出す。

沖縄と静岡には次のような共通点もある。

①駿河湾の海岸地域には人や神が海から渡来したという伝承が多く残っている。沖縄でも海上他界であるニライカナイから神や富が島に到来するという信仰が今も生きている。

②三保の松原の羽衣伝説。沖縄にも、天女と農民との間に生まれた子供が王になったという羽衣伝説がある。

③興津の清見寺には、17世紀初頭、駿府で病に倒れた琉球国の具志頭王子の墓がある。琉球国は王の代替わりごとに将軍に対して使節を派遣していた。

④芹沢介は、沖縄の紅型を導入して独自の染物の世界をひらいた。

⑤沼津市の多比には、沖縄でよく見られる石敢當(魔よけ)が残されている。戦前、沖縄式魚網が利用されていたことから、沖縄漁民が当地に移住した可能性がある。

⑥沖縄近海を北上する黒潮が駿河湾にも流れ込んでいる。

黒潮は海上の道であり、駿河湾は海の幸、異文化の入り口であった。駿河湾は、多様なものを受け入れ、新たなものを創造するという静岡人の進取の精神をも育んだのだろう。
スポンサーサイト



<< 松島泰勝の著書、主要論文のご紹介 | ホーム | 21世紀の視点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP