FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

温暖化とブーゲンビル島、島の自殺問題、マオリ民族と捕鯨

2001年7月、8月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。

温暖化による海面上昇によって飢餓問題も発生しています。島にとっては遠い先の問題ではなく、今の問題です。
来月、学生とグアム、パラオに行きますが、その現実を見てきたいと思います。



8/6 PIR
 海面上昇が原因で、ブーゲンビル環礁に住む子供が飢餓に直面 している。

 パプア・ニューギニアのブーゲンビル環礁の中にあるカテレテス諸島では、10才以下の子供が飢餓に苦しんでいる。

飢餓の原因は、海面 上昇により海水が島の食糧用の植物を死滅させていることである。人々はココナツや、魚で飢えを凌いできたが、3週間前の強風と荒波で島民は漁業が出来なくなった。

飢えのために既に2人の大人が死亡したとの報道もある。他の島々の人々は、サツマイモ、バナナ、キャッサバ等の救援食料を積極的に送ろうとしているが、輸送手段の確保の困難に直面 している。



急激な近代化により、島人の心と体に大きな変調が生じてきています。琉球も自殺率が高いです。南の理想郷というのは、幻想でしかありません。島の現実問題を直視して、解決の取り組みを進めるべきです。



8/6 PINA Nius Online
 サイパンとマジュロで自殺率が激増している。

 1992年から99年の間、マリアナ諸島における若者の自殺率は10万人中300人以上であるが、最も自殺率が高いのはチャモロ人男性である。

 マーシャル諸島において2001年の上半期における自殺率は前年同期間と比べて50%増加した。1998年から2000年までの自殺率は、80年代における若者の自殺率が2桁台であったのと比べて著しく減少した。過去11年間における最高の自殺数が確認されたのが1990年の18人であったが、今年の自殺率は例年になく高くなっている。


ニュージーランドのマオリ民族が豪州とニュージーランド両政府が提案する捕鯨禁止政策に反対しています。先住民族と捕鯨との関係性は深く、生活、文化、精神に深くつながっています。



7/30 PIR
 マオリ民族が南太平洋鯨サンクチュウアリー案に反対

 ニュージーランドのマオリ民族は、捕鯨は自らの伝統文化の一部であるとして、同政府と豪州政府が提案している南太平洋鯨サンクチュウアリー案に反対している。また、ニュージーランド政府がマオリ民族に対し同提案について相談しなかったことが批判されている。

マオリ漁業委員会は、ニュージーランド政府に対し同提案を撤回すべきであると主張している。マオリ民族は、鯨の肉、脂、骨等を利用してきており、マオリ民族は、捕鯨が禁止されることで、資源としての鯨が利用できなくなるほか、マオリ民族と海洋生物との文化的、精神的関係が失われることを懼れている。
スポンサーサイト



<< フィジーと中国、米軍のミサイル実験、太平洋の海底資源 | ホーム | 人民の自己決定権と沖縄―自治・独立・平和の実現を目指して(日本平和学会) >>


コメント

決して、上辺だけの、繁栄というモノに、惑わされてはならない!

台風一過、沖縄は、紺碧の海と調和した空を取り戻す。

大自然には、人間の本質を諭す力がある。

郷土の奥深い内面性への探求こそ、真実の豊かさの道である事に、気付いて欲しい!!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP