FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジーと中国、米軍のミサイル実験、太平洋の海底資源

2001年7月の太平洋情報をお伝えします。

フィジーと中国との外交、経済関係は強化されており、フィジー内にも多くの中国人が生活しています。以前、フィジーを調査したとき中華料理屋にいき、中国人の多さを実感しました。フィジー政府は、「ルックノース」政策を掲げ、日本ではなく中国との関係強化に力をいれています。



7/12 PINA Nius Online
7月12日フィジーによる中国外交の成功

 中国はフィジー議会施設の修理のために20万ドルを援助する予定である。同議会は昨年のクデターにより破壊された。同援助は、タボラ外務対外貿易砂糖担当大臣が日本の次に訪問した中国において明らかにされた。

 タボラ大臣は、クデター以来、フィジーは政治的混乱状態にあるが、その間、援助を提供し続けている中国に感謝の意を示した。同大臣は、貿易、経済協力、農業・製糖業の中国側代表者と話し合うために引き続き訪中する予定である。


太平洋は今でも米軍によるミサイル実験場として使われています。かつては原水爆の実験場として利用していました。米国にとって太平洋諸島は実質的な植民地でしかありません。



7/10 PIR
米国は7月14日に弾道弾ミサイル迎撃実験を行う予定である。

 7月14日にカルフォルニアのバンデンバーグ米空軍基地から模擬弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルが発射され、20分後にマーシャル諸島にあるロナルド・レーガン・ミサイル実験施設から迎撃ミサイルが発射される予定である。

 それから10分後に弾道ミサイルは迎撃ミサイルによって、太平洋上225キロ上で打ち落とされるだろう。ブッシュ大統領は、600万ドルを使いミサイル防衛システムを推進しており、ミサイル貿易システムにより「ならず者国家」とされる北朝鮮、イラン、リビア等からの攻撃に対抗する必要があると主張している。



沖縄の伊平屋島沖でも豊かな海底資源が存在することが明らかになっていますが、これから太平洋の海底資源がさらに大きく注目されるでしょう。琉球も太平洋島嶼国との外交関係を今から行うべきです。



7月4日 PIR
豪州の企業がPNGの有望な海底資源を調査している

 シドニーに拠点をおくノーチラス・ミネラル社は、豪州、日本、韓国の海底探査船を使って、PNGのマヌス海盆において海底資源の調査を行い、大量 の硫化物を発見した。同社はマヌス海盆に2500キロ平方メートルの海底をリースしている。

 海底における硫化物は、マヌス海盆の他にPNGのウッドラーク海盆、フィジーの海域、マリアナ海溝、沖縄海盆にも存在しているが、最大の海底硫化物資源は東京の南400キロの地点にある「サンライズ」海底にあるとみられている。
スポンサーサイト



<< 琉球の植民地支配の歴史:砂糖 | ホーム | 温暖化とブーゲンビル島、島の自殺問題、マオリ民族と捕鯨 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP