FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の植民地支配の歴史:砂糖

1月9日の南海日日新聞で、琉球の砂糖収奪を世界史の中で考えた論考を紹介しています。

琉球史を日本史の一部ではなく、世界史の文脈に位置付ける必要があります。






 琉球史を世界史と関連付けて考える「近世的世界の成熟」第6巻(吉川弘文館刊)がこのほど出版され、真栄平房昭・神戸女学院大学教授が「砂糖をめぐる世界史と地域史」と題する論考を寄せた。

真栄平教授はサトウキビ栽培の広がりとともに、世界各地に強制労働が拡大。「甘い砂糖」が「苦い労働」をもたらしたことを指摘した。奄美、琉球の砂糖収奪も国際的視野で考えた。

 論考は(1)砂糖をめぐる世界史(2)アジア世界における砂糖の流通(3)製糖技術の導入と展開(4)砂糖専売制の展開と支配構造―の4章で構成した。サトウキビ栽培は原産地のニューギニアからインド、さらに東南ア
ジア、中国を経て17世紀初めに琉球、奄美に伝わった。

 キビ栽培がアメリカ大陸に伝わったのがコロンブス以降。1494年に西インド諸島に入り、16世紀以降は中南米のブラジルやカリブ海地域に伝わった。真栄平教授は、アメリカ、ヨーロッパでコーヒーや紅茶に砂糖を入れて飲む習慣が広がるとともに、プランテーション(単一作物の大規模農業)、強制労働も拡大し、甘い砂糖の裏側に「苦い歴史」が潜む歴史を指摘した。

 「砂糖専売制の展開と支配構造」では道之島(奄美)が糖業社会に強制転換する経緯を考察した。年貢米をすべて砂糖に換算して納める「換糖上納」と呼ばれる専売制導入の後、1777年には第一次惣買入制(そうかいいれせい)が布達され、砂糖生産が強化されていく。

惣買入は農民たちを糖業社会のモノカルチャーに縛り付け、「ヤンチュ」(債務下人)を大量に生み出す要因となった。

 真栄平教授は「奄美の砂糖をめぐる苛酷な歴史は、カリブ海の砂糖プランテーション労働やオランダ統治下のジャワ強制栽培制度に通じる一面がある」と指摘する。ジャワでは1830年に強制栽培制度が導入されて以来、コーヒー、サトウキビなどの輸出作物の栽培が急速に拡大した。

輸出作物の栽培は食糧生産を犠牲にするものであり、各地で飢饉(ききん)が発生した。

 砂糖の増産化は琉球、奄美でも食糧生産を犠牲にし、飢饉を招く一因となった。奄美の黒糖収奪によって薩摩藩は財政赤字を解消し、その後の明治維新につながっていく。

その一方で奄美は砂糖生産と移出によって米や日常品を移入する経済構造が明治30年代まで続く。

 真栄平教授は「明治維新で大きな役割を果たした薩摩藩の財源が、糖業に依存していたことを考えれば、維新の『功業』を支えた歴史の評価はコインの表と裏のように両面から検証すべきであろう」と指摘し、論考を結んだ
スポンサーサイト



<< 西川潤先生と沖縄 | ホーム | フィジーと中国、米軍のミサイル実験、太平洋の海底資源 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP