FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西川潤先生と沖縄

早稲田大学の西川潤先生は私の学生時代の恩師です。世界の中で琉球の政治経済、平和、人権、開発を考えるという視点、機会を与えて下さいました。

先月、早稲田大学で開催された国際開発学会の最終日に行われた、西川先生、ハミルトン先生、スピヴァク先生のシンポは一生忘れえないものとなりました。開発を根本から問い直し、ポストグローバリゼーションの在り方と考えるという内容でした。

「意味ある生活」、国家主導型の開発の問題性、国家権力が商業主義、成長主義を推進している、「ジェンダーと開発」などジェンダーが開発のアリバイとして使われている・・・・・多くの気づきと発見がありました。

特にシンポの最後で、西川先生が沖縄の開発に言及して開発、ODAの意味を話された時、涙が出ました。沖縄の振興開発によって沖縄はどうなったのか、開発とは海外の問題ではなく、私たち自身の問題である、日本のODAは要請主義であるが本当にそのODAは要請されているのか、

世界のどこにも適応できるとする傲慢なODAは必要ない、社会科学のモデルも現実の一部でしかなく学問には限界がある等、先生の多くの言葉によって一つ一つのことがはっきり見えるようになりました。

 ODA関係者が多くいる場で「ODAは要らない」というのは大変、勇気がいることだと思います。しかし、真理はどんな状況の中でも主張し、実践しなければ意味がないということも昨日の先生から学ばさせていただきました。
 社会の一人ひとりが真理に目覚めれば社会は変わる、沖縄は変わるという希望を持つことができました。

照屋みどりさんや私の父から西川先生の沖縄のための行動を紹介してもらいました。1月18日の沖縄タイムスに名護にふるさと納税を呼び掛ける記事が掲載していましたので、お伝えします。


 県内外の学者、文化人らが17日、都内の参議院議員会館で会見し、米軍再編交付金の支給を打ち切られた名護市を「ふるさと納税」で支援するよう呼び掛けた。辺野古への普天間飛行場代替施設建設を拒否する名護市の姿勢を後押しするとともに、基地問題で差別的な対応をする政府へ意思表示してもらうことが狙い。

呼び掛け人25人の中心となった沖縄大名誉教授の新崎盛暉氏は「沖縄でもできるが特に県外の人に呼び掛けたい」と話した。

 ふるさと納税を呼び掛ける運動は辺野古への基地建設を許さない実行委員会の木村雅夫氏らが2010年夏ごろから始めた。以来約35人が納税している。再編交付金が打ち切られたのを機に新崎氏らが納税運動への賛同者を募った。

 早稲田大名誉教授の西川潤氏は「政府や政治家が住民意思に沿った民主主義の政治が実現できないのなら国民がやるしかない。名護市の運動は民主主義を取り返すきっかけだと考えている」と賛同理由を説明した。
 ふるさと納税は出身地に関係なく、応援したい都道府県、自治体に寄付でき、住民税の控除もある。名護市のホームページで申込書が入手できる。

 呼び掛け人は次の通り。
(敬称略、五十音順)

▽新崎盛暉(沖縄大名誉教授)
▽池田香代子(翻訳家)
▽上原成信(沖縄一坪反戦地主会関東ブロック)

▽宇沢弘文(東京大名誉教授)
▽遠藤誠治(成蹊大教授)
▽岡本厚(岩波書店「世界」編集長)

▽我部政明(琉球大教授)
▽加茂利夫(立命館大教授)
▽川瀬光義(京都府立大教授)

▽古関彰一(獨協大教授)
▽小森陽一(東京大教授)
▽桜井国俊(沖縄大教授)佐藤学(沖縄国際大教授)

▽高田健(ワールドピース・ナウ)
▽千葉真(国際基督教大教授)
▽寺西俊一(一橋大教授)

▽西川潤(早稲田大名誉教授)
▽西谷修(東京外語大教授)
▽野平晋作(ピースボート)

▽比屋根照夫(琉球大名誉教授)
▽前田哲男(評論家)
▽水島朝穂(早稲田大教授)

▽宮本憲一(大阪市立大名誉教授)
▽和田春樹(東京大名誉教授)
▽ガバン・マコーマック(オーストラリア国立大名誉教授)

スポンサーサイト



<< 宮古島とサモアとの相互協力 | ホーム | 琉球の植民地支配の歴史:砂糖 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP