FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮古島とサモアとの相互協力

1月18日の宮古新報の記事をご紹介します。宮古島とサモアとが互いに助け合っています。

サモア語による技術協力により信頼関係を深まったようです。サモア人が宮古島を訪問し、滞在し、生活を知ることで、さらに宮古と太平洋島嶼との関係が深まればと思います。

石垣島でも以前、パラオと真珠養殖、果物栽培等についての相互協力の動きがありました。個々の島々で太平洋島嶼との関係をそれぞれ構築する必要があります。




サモア水道事業運営支援協力で昨年11月21日から12月10日 (サモア滞在期間は11月22日~12月8日) まで、 サモア水道公社 (=SWA) に派遣されていた宮古島市上下水道部下水道課の梶原健次課長補佐 (水産学博士) は17日、 地元マスコミに現地での活動成果を報告。

「漏水と浄水処理について一部改善できたが、 今後もフォローアップが必要」 とし、 新年度はサモアから研修員3人を迎え入れ、 漏水及び浄水管理に関する技術研修を実施する計画を説明した。

 今回は宮古島市から同部の梶原課長補佐と前里忠義工務課調整官の2人。 ほかに名護市役所、 信州大学、 NPО地域水道支援センターなどの教授及び職員の計6人が参加し、 主に生物浄化 (緩速ろ過) 法の適正管理法、 高濁度水への対応や漏水探査及び修理法の指導にあたった。

 梶原課長補佐は現地の水道事情について、 漏水や盗水が多い上、 運営や浄水管理等の技術力が低い―点などを指摘し、 「今後も充分なフォローアップが必要」 と指摘。

今後について、 SWA管理職を対象にしたマネジメント研修、 中間技術者を対象にした技術研修に取り組み、 専門家を継続的に派遣し、 引き続き浄水場運営、 濁水対策、 漏水対策に関する支援の必要性を説明した。

 また 「SWA総裁を含め職員と一定の信頼関係を構築できた。 サモア語を使う努力をしたことが他国の支援とは大きく異なり、 歓迎されたようだ」 などと振り返った。
スポンサーサイト



<< 辺野古反対を貫く稲嶺名護市長 | ホーム | 西川潤先生と沖縄 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP