FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

辺野古反対を貫く稲嶺名護市長


日本政府幹部は頻繁に琉球を訪問し、基地受け入れを説得しようとしています。しかし、本来日本政府がやるべきは、現在日本国民である琉球人の声を真剣に聞いて、それを米国に伝え、米国を説得することではないでしょうか。

基地に依存しない市政を貫こうとしている稲嶺市長は、米軍に屈しなかったかつての瀬長亀次郎那覇市長のように信念を通せば、多くの琉球人も支えてくれると思います。

日本政府は再編交付金を名護市に対して停止しましたが、基地関係補助金は「アメ」ではなく、かえって地域経済を衰退させるものであることを名護市は自治の力を発揮して示そうとしています。

これは琉球全体における基地関連の補助金の問題性を明らかにし、本当の経済自立を自らの力でつくりあげる契機になると考えます。

次に1月20日の琉球新報の記事をお伝えします。



米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対し、基地に頼らないまちづくりを掲げる稲嶺進名護市長は、24日で当選から1年を迎える。1年目の総括と、2年目に向けた取り組みについて聞いた。
    ◇    ◇
 ―1年を振り返って。
 「私は辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせないと約束して当選した。当選後、政府に対し『市長選の結果を受け止めてほしい』と要請行動した。首相、大臣も話を受けてくれたが、方針は変わらず、5月28日の共同声明発表にはっきり表れた。

普天間問題は大きな政治課題だが、自公政権の時以上に悪くなった。県知事選では容認派と公言してきた(仲井真弘多)知事も『日米合意見直し、県外移設を求める』と掲げた。これが沖縄の本当の姿だ」

 ―政府の対応をどう思うか。
 「政府はアメリカのご機嫌伺いと思わざるを得ない行動と発言を繰り返している。沖縄を説得するのではなく、アメリカに向かって沖縄の負担軽減を言うべき。私は普天間問題は決着をつけると言ってきたが、状況は変わらず非常に残念。今後きっちりと主張し、市民との約束を県民の力を結集して立ち向かっていく」

 ―再編交付金が凍結された。
 「アメとムチというものが現実に表れてきた。職員にも知恵を出してもらい、新しいメニューを探す。新年度の大きな課題だ」

 ―振興策で名護市民の理解は得られるか。
 「これまで10年以上の経過を、市民が自ら評価し市長選の結果になった。また同じ轍(てつ)を踏むことはないと思う。アメは一般市民の生活にほとんど還元されなかった。(振興策を)あげれば移設を認めるということはもうないだろう」

 ―知事との協力について。
 「県知事も県民に対し(県外移設を)公約し、一緒にできることは一緒に行動したい。(訪米について)知事がほかの皆さんも一緒に(と話があれば)、県内の首長何人か一緒に行った方が心強いのではないか。具体的なことを考えていかないといけない」

 ―政府に言いたいことは。
 「県民の意思ははっきりしている。市長選以降主な選挙で県外を打ち出した候補が当選した。オール沖縄で駄目ということ。しっかり受け止めてほしい」



スポンサーサイト



<< 奄美諸島と菅政権 | ホーム | 宮古島とサモアとの相互協力 >>


コメント

妥協は、一旦、受け入れてしまえば、切りがなくなってしまうモノである

信念を貫ける人間が、琉球には、もっともっと、必要であり、才能や独創力、創造性、しぶとさ、したたかさ、などは、そこからしか、磨かれない!!

人生の経験からも言える普遍的真実だが、壁を恐れる人間には、何一つ、困難を乗り切れない。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP