FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島と菅政権

1月15日の南海日日新聞の記事をお伝えします。

菅政権に奄美諸島の人々の声が聞こえているのでしょうか。島の人の声を踏まえた政治を行うべきです。



「閉塞(へいそく)感の打破につなげて」「政権としての理念が見えない」「環太平洋連携協定(TPP)交渉で奄美の農業がどうなるのか心配」―。第2次菅内閣が発足した14日、奄美群島の住民からは政権に対する期待と冷ややかな声が交錯、TPP交渉に対する不安が聞こえてきた。行き詰まり状態にある米軍普天間飛行場(沖縄)の移設問題については徳之島の賛否両派が発言した。

 改造内閣の顔触れ、政権運営について首長の1人は「今回の改造を外交・内政の閉塞感の打破につながるよう願う」とコメント。住民からは「(与謝野氏の入閣など)何でもありという感じ。個人的に応援する人もいるが、全体的には期待していない」「政権が発足した当初は戦後政治のうみを出しきってくれると期待したが、内紛ばかり…」と批判が続出した。

 今回、多くの住民が注目したのがTPP問題への対応。喜界町商工会の豊岡力会長(71)は「内閣の顔触れを見ると、積極的に進めようとの印象を受ける。喜界島は農業あってこそ商店街の活性化もできる。弱者(農業)が打撃を受けないか心配だ」と話す。

 奄美市住用町の諏訪原清高さん(65)=漁業=は「水産物の輸入が増えると、ますます経営は苦しくなる。食料自給率の面からも漁業者の生計が成り立つような政策を講じてほしい。奄美は昨年の豪雨災害の影響もある。漁場の再生にもっと力を入れてほしい」と強調した。

 あまみ農協和泊地区さとうきび部会の瀬川静一郎会長(60)は「世界情勢を考えると、交渉のテーブルに着かざるを得ないだろうが、TPPはすべての産業に関わる。農業が崩壊すれば沖永良部に住む人もいなくなる。食料自給率を60%に向上させる施策を展開してほしい」と要望した。

 離島の産業振興について有島範明さん(41)=大島紬製造業=は「本土と同じ土俵で勝負できる環境を整えてほしい。政府はガソリン価格の軽減を打ち出しているが、単年度で終わるのではなく、継続してほしい」と要請。若者が働く場の確保を求める声も相次いだ。

 与論町の主婦、龍野勝子さん(66)は福祉の充実を訴える。「嫁や孫の住む都会は保育園が少ないと聞く。空き店舗などを活用して増やしてほしい。核家族が増え、目上の人に対する敬いの心が薄れている。2世帯住宅建設のへの助成も考えてほしい」と述べた。

 昨年、徳之島を揺るがした普天間飛行場の移設問題について「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山幸栄会長は「内閣改造よりも、米国のゲーツ国防長官と政府が日米合意を履行することを確認したことが気になる。普天間問題は決着を急がないと配慮したが、私たちはこれまで通り反対の姿勢を貫くだけ」と強調。

 米軍普天間基地誘致推進協議会の谷岡一会長は「内閣改造というが、外務、防衛両大臣は留任した。日米合意を履行することで確認しており、基地移設推進派としては、とにかく徳之島移設を積極的に進めてほしい」と述べた。
スポンサーサイト



<< 太平洋諸島と自由貿易主義、フィジー女性の人権侵害、サイパン衣料製造業の壊滅 | ホーム | 辺野古反対を貫く稲嶺名護市長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP