FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋諸島と自由貿易主義、フィジー女性の人権侵害、サイパン衣料製造業の壊滅

2001年6月、2009年2月の太平洋ニュースをお伝えします。

2000年から11年かけて、太平洋島嶼国間の貿易自由化がすすめられています。これにより本当に島の経済が発展するのかは大変、疑問です。豪州、ニュージーランド主導によるものであり、新植民地主義の動きであるといえます。



6/29  PINA Nius Online
貿易担当大臣が地域内貿易、経済協力に合意した。

 パシフィック・アイランズ・フォーラム(PIF)の貿易担当大臣会議がサモアのアピアで開催され、緊密な経済関係に関する太平洋合意(PACER)が承認された。PACERは島嶼国の発展段階の違いを考慮した適当なペースに基づいて、全ての島嶼国間の貿易、経済協力を強化する枠組みとなる。

 PACERの最初の段階として、14の島嶼国間で自由貿易地域を設置するための太平洋島嶼国貿易合意(PICTA)が承認された。PICTAは今後10年を目途として、広域の共通 市場において貿易、投資を促進することで雇用の増加、他の経済的利益の増大を目的としている。

太平洋地域内における貿易統合について議論が行われたのは、1971年にPICの前身であるサウス・パシフィック・フォーラム(SPF)が設置されて初めてのことである。

 1999年に太平洋島嶼国の首脳は、同地域内における自由貿易地域を原則的に承認した。自由貿易地域の実施において段階がもうけられており、発展途上の島嶼国は2009年までに自由貿易地域に参加し、極小で後発発展の島嶼国は2011年までに参加する予定である。


フィジーではいまでも軍事クデターを主導した軍人が首相として国をおさめています。その結果、女性たちの人権が大きく侵害されるようになったという記事です。


2/6 Fiji Times PIR
フィジーにおいてクデター後、レイプ事件が増加したと女性リーダーたちが主張している。

フィジーにおいて政治的不安定、軍事化が進むとともに、ギャングによるレイプ事件や性的暴力事件が増加していると、フィジー女性危機センターのシャミマ・アリ氏は指摘している。2007年においてレイプ事件は12件であったが、昨年は17件に増えた。1987年、2000年、2006年とクデターが発生した後、ギャングによるレイプ事件も増加していると、アリ氏は述べている。

アリ氏は「フィジー内において軍事化、対立化、失業が進むにつれて、男性はフラストレーションを増し、女性や子供のような弱い人々に対して不満のはけ口を求めている。多くのケースでレイプ犯は家族の一員、近隣の住民、地主、警察官、医者、教師である。」と述べた。



貿易の自由化によりサイパンの衣料製造業は壊滅的な状態になりました。10年以上前にサイパンに行ったときに見た、衣料工場と女性労働者たちのことが思いだされます。



2/6 Mariana Variety PIR
日本人のドキュメンタリーTV特派員が経済崩壊に直面するサイパンの状況を報じている。

アル・ゴア米国元副大統領によって設立されたケーブルテレビ「カレントTV」のプロデデューサー兼特派員のアダム山口氏が、かつて繁栄し、現在は見捨てられたサイパンの状況について「サイパンの闘い」と題した番組において次のように報じている。

かつて衣料製造工場に働きに来ていた外国人労働者は失業したまま、出身国に帰る資金もなく島中をうろついており、中には生活のために売春を行う人々もいる。2、3年前まで、約一万七千人の中国人労働者が30以上の衣料製造工場において働いていた。

彼らの時給は3ドルであり、それは米本土の最低賃金の60%でしかなかった。しかしWTOが貿易自由化政策を推進したため、途上国から米国への衣料品の輸出が増大してサイパンの競争力は著しく低下した。かつてグローバリゼーションの成功物語としてサイパンは持ち上げられていたが、いまは急速に経済崩壊してしまった島となった。
スポンサーサイト



<< 琉球と香港 | ホーム | 奄美諸島と菅政権 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP