FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島泰勝の著書、主要論文のご紹介

私の著書、主要論文をご紹介いたします。ご関心があればお読みくださり、質問、疑問、反論等があればご連絡ください。


著書(単著、共著含む)
[1]『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店.(2002)

[2]『琉球の「自治」』藤原書店.(2006)

[3]『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部.(2007)

[4]『海洋島嶼国家の原像と変貌』(「島嶼交易と海洋国家―琉球列島とフィジー・ラウ諸島を事例として」pp.263-294)塩田光喜編、アジア経済研究所.(1997)

[5]『アジアの内発的発展』(「太平洋島嶼社会自立の可能性」pp.255-304)西川潤編、藤原書店.(2001)

[6]『アジア太平洋経済圏史1500-2000』(「西太平洋諸島の経済史―海洋アジアと南洋群島の経済関係を中心にして」pp. 229-260)川勝平太編、藤原書店.(2003)

[7]『太平洋アイデンティティ』(「グァムと結ぶ沖縄―沖縄開発庁とグァム経済開発局の比較研究」pp. 173-208)佐藤幸男編、国際書院.(2003)

[8]『地域の自立 シマの力(上)』(「内発的発展による経済自立―島嶼経済論の立場から」pp. 272-289)新崎盛暉他編、コモンズ.(2005)


学術論文
[1]“The Trial of Independence and Coexistence in New Caledonia:The Possibility of Kanak-Style Economic Development”,Sato Yukio(ed.)Regional Development and Cultural Transformation in the South Pacific:Critical Examination of the ‘Sustainable Development’s Perspective,Graduate School of International Development University of Nagoya,pp.61-86.(1995)

[2]「ミクロネシアとアジア」『外務省調査月報』1999年度/第1号、外務省、pp.75-104.(1999)

[3]「島嶼の政治経済と米軍基地との関係」『PRIME(明治学院大学国際平和研究所紀要)』第13号、明治学院大学国際平和研究所、pp.85-95(2000)

[4]「西太平洋島嶼貿易圏構想の可能性」『経済と社会(沖縄経済学会紀要)』第18号、沖縄経済学会、pp.3-16.(2001)

[5]「沖縄のグランドデザイン」『環:21世紀・日本のグランドデザイン』Vol.9、藤原書店、 pp.226-237.(2002)

[6]「パラオにおける観光開発と女性」『観光とジェンダー(国立民族学博物館調査報告)』37号、石森秀三・安福恵美子編、国立民族学博物館、pp.111-140.(2003)

[7]「グローバリズムの中の琉球」『別冊環:琉球文化圏とは何か』Vol.6、藤原書店、pp.80-86.(2003)

[8]「太平洋諸島・先住民族の自決・自治・自律の試み」『グローバル時代の先住民族』、上村英明監修、法律文化社、pp.205-228.(2004)

[9]「太平洋諸島の独立、再周辺化、抵抗」『帝国への抵抗―抑圧の導線を切断する』、戸田真紀子編、世界思想社、pp.141-187.(2006)

[10]「久高島で考える「琉球の自治」」『環:今こそ、琉球の自治を』Vol.30、藤原書店、pp.78‐97.(2007)

[11]「大洋州諸国―太平洋島嶼の教科書にみる海洋認識」『「東アジア海」の信頼醸成』(NIRA研究報告書0702)、総合研究開発機構、pp.44-65.(2007)

スポンサーサイト



<< 沖縄の百年をめぐる激論─シンポジウム「二十一世紀 沖縄のグランド・デザインを考える」報告 | ホーム | 静岡と沖縄結ぶ黒潮 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP