FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島のおいしいタンカン

1月19日の南海日日新聞で奄美諸島のタンカンが紹介されていました。

昨年の大雨でタンカンの収穫量が減少するみこみです。宇検村平田でいただいたタンカン、奄美市名瀬のやっちゃばでいただいたタンカン、奄美の暖かい人によってつくられたタンカンの味が思い出されます。奄美諸島のタンカンは甘くてとてもおいしいです。

「奄美の果物専門店@やっちやば」のホームページをご覧くださいね。奄美たんかん・奄美すもも・奄美パッションフルーツ・奄美マンゴー・島バナナなどの果物や黒砂糖などを産地直送でお届けしています。奄美の土地で奄美の方がどのよう作物を作っていのかも写真で知ることができます。



タンカンの収穫期入りを前に、JAあまみ大島事業本部果樹部会(元井孝信部会長代理)主催の支所別出荷販売対策会議が17日から開かれている。18日は奄美市であり、生産農家が今期の出荷スケジュールなどを確認した。共販取り扱い目標は、昨年10月の奄美豪雨の影響で前期を50トン下回る80トンを見込んでいる。
 
奄美市での会議は市農業研究センターであり、農家ら25人が出席。元井部会長代理は「共販アップを目指して新たな気持ちで頑張ろう」とあいさつした。

 今期の1キロ当たりの価格は350円(前期実績298円)、金額は2800万円(同3867万8千円)。

 JAによると、今期のタンカンは梅雨明け以降の天候に恵まれて9月まで順調に生育していたが、奄美豪雨による畑の流出や水没による果実の落果など大きな被害が出た。特にもともと裏年傾向の名瀬地区や、被害の大きかった住用地区で落ち込んだ。関係者によると奄美大島全体で平年千トン程度の収穫があるが、今期は6~700トン程度にとどまる見込みだという。

 JA側は販路について「昨年以上に販売先を絞り込み、宅配を主体とした販売に切り替え、農家手取りのアップに取り組む」として、農家へ目標達成への協力を求めたほか、樹上完熟を基本とした収穫の実施や家庭選別の徹底を呼び掛けた。

 取り扱い量の減少で、今期の集選果態勢は、昨年までの島内4選果場態勢を朝戸選果場(奄美市農業研究センター内)の1カ所に集約。支所別に曜日を設定して受け付ける。

 はさみ入れ式は2月1日、瀬戸内町の果樹園である。選果場の受け入れ開始は同4日。
スポンサーサイト



<< 人工ビーチ、公共事業によるす生物多様性の破壊 | ホーム | 琉球と香港 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP