FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人工ビーチ、公共事業によるす生物多様性の破壊

1月25日の沖縄タイムスの記事です。沖縄県内に36か所の人工ビーチがあるとのことです。観光客が足をけがしないように人工ビーチにはサンゴ礁がほとんどありません。観光化により生物多様性の衰退が進んでいるのです。

土地改良事業、港湾整備、高潮対策事業等、各種の公共事業も海洋環境を破壊し、均一化した、人工的な島環境にしています。自らの島をつくってきたのはサンゴ礁であり、琉球人が自分自身を発見し、見つめる場所は「本来の海」なのです。

開発しなければ「経済自立」が実現しないと考える琉球人自身の思い込みを根本から見つめなおさないと、どんどん私たちの琉球は衰弱していきます。





県内の海岸の保全について考える環境学習会「貝世界から見た沖縄の渚(なぎさ)のいま~崩壊する多様性」(主催・北限のジュゴン調査チーム・ザン)が23日、市大南公民館であった。

県内に人工ビーチが36カ所あり、浜辺の多様性が失われつつある現状を踏まえ、進行中の埋め立て事業についても意見交換。

講師らは県が市東江海岸で進める高潮対策事業について、推定約300年前から生息するハマサンゴの存在を示しながら、工事の一時凍結の必要性を訴えた。

 この日は水中写真家の有光智彦さん(南城市)、チーム・ザンの吉元宏樹さん(名護市)、貝の渚を歩く会の名和純さん(那覇市)が市内外の浜辺の現状を報告した。

 東江の高潮対策事業について、同海岸の生き物を撮影した有光さんは「専門家によると、ハマサンゴは年に1センチずつ成長し、その海の環境変化などデータが刻まれている。名護湾の歴史の生き証人であるハマサンゴがこのまま失われるのは残念だ」と話した。


 吉元さんは「(過去の埋め立てから)再生しつつある海に再び人間の手が加わろうとしている。住民が知らないまま工事が進む現状は、他の地域でも起きているのではないか」と危ぐした。

 学習会には市内外から約60人が参加。環境問題に対して対応が鈍い行政手法への指摘があった一方、住民側も身近な環境の変化に関心を持って行動すべきだとの声もあった。

スポンサーサイト



<< サイマルラジオ:地域FMと在日琉球人 | ホーム | 奄美諸島のおいしいタンカン >>


コメント

産業の本質は、質の追求である

製造業ならば、造り込みの確かさが、優れた品質に繋がるのと、同様に、観光業も、高い意識へと、変革が望まれる。

単なる見世物の時代は、終わらなければならない。

私達自身の、意識改革によってのみ、本物の観光に出来るのである。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP