FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島の歴史を島人自身で掘り起こそう

1月26日の八重山毎日新聞の記事をお伝えします。

西表島在住の石垣金星さんは「西表を掘り起こす会」をつくり、島の歴史文化を島人自身で掘り起こすという仕事を長い間つづけてこられました。

特に島の子供たちが西表の炭坑について調べることは大変意義深いことです。私自身も、実際に炭坑で働いたことのあるご老人のご案内で炭坑跡を歩るき、話を聞いたことがあります。廃墟を見ながら、人間やカネの暴力性、世界システムの中の西表島を考えました。

島の歴史や文化を掘り起こすことで、島への愛着、こだわり、自分の発見になるとおもいます。





西表炭鉱の跡を竹富町内の中学生が親子で訪れる体験見学会が3月後半に行われることになった。中学卒業後に島を出ていく子どもたちに、地元の歴史や地域資源について学んでもらおうと町が開催するもの。見学後にはシンポジウムやワークショップがあり、参加した中学生たちが炭鉱跡を残す意味や地域の歴史を伝えることについて考えることにしている。

 西表炭鉱は1885(明治18)年に採掘が始まった。日本の近代化を支えるエネルギーを供給する役割を担ったことなどから、2007年に経済産業省の近代化産業遺産群に認定されている。坑夫が過酷な労働条件にさらされたことでも知られ、去年6月には犠牲者を慰霊する萬骨(ばんこつ)碑が宇多良炭鉱跡に建立された。

 最近では、観光の一環で炭鉱跡を訪れるケースも目立つ。宇多良炭鉱跡では去年6月に林野庁が木道を整備し、アクセスが容易になった。

 町は西表炭鉱の現状を把握したり、保全や利活用について議論を深めるため、08年度から県の自然・伝統文化を活かした交流促進事業を導入し、調査やシンポジウムの開催、学校で使用する副読本の編集などを3年計画で実施。

最終年度に当たる本年度は「残す・伝える」をテーマに取り組んでおり、同学習会は町内の中学生に地元の歴史や地域資源を伝えることが目的。

 同見学会は3日間の日程で開催。初日に島々から西表島の宿泊施設に集まったあと、2日目に宇多良炭鉱跡と内離島の炭鉱跡を見学し、夜はシンポジウムやワークショップを予定している。3日目は宿泊施設からそれぞれの島へ帰る。募集方法などは今後、町が旅行会社側と調整する。

 町は同事業を実施するため、西表島炭鉱跡の保存・利用を考える検討委員会(委員長・三木健町史編集委員、5人)を設置。

 同委ではこれまでに西表島と内離島で炭鉱跡の調査を行い、木道の整備が行われている宇多良炭鉱跡を保全と観光のバランスを考えるうえでの象徴的な場、すでに観光ツアーが実施されている内離島の炭鉱跡は利用を中心とする場とすることを確認。

 戦後、本格的に採掘が行われた中野地区の炭鉱跡については坑夫の生存者から聞き取り調査を行っており、本年度末にまとめる報告書に盛り込まれることになっている。
スポンサーサイト



<< 母国への送金経済、グアムでの基地反対運動、中国とパプアニューギニアとの経済的関係強化 | ホーム | サイマルラジオ:地域FMと在日琉球人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP