FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

母国への送金経済、グアムでの基地反対運動、中国とパプアニューギニアとの経済的関係強化

2009年2月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

太平洋諸島民は母国を出て他国に住んでも、母国との関係はつよく、送金が大きな規模にのぼっています。「島国」は島という場所だけに限定されるのではなく、海を越えて、国を越えて存在していることがわかります。



2/13 Radio New Zealand International PIR
サモア中央銀行が同国の送金依存経済に対して警鐘を鳴らしている。

サモア中央銀行は、今後、海外からのサモア人移民による送金の減少が予想され、送金に代わる収入源を探すべきであるとサモア人に対して警鐘を鳴らしている。

昨年、サモアのGDPの24%を送金が占めたが、世界的な経済恐慌の影響をうけて海外に住むサモア人家族は同等の送金を送ることは不可能になるであろう。

サモア人は輸出産品を開発するために自らの土地をさらに生産的に利用する必要があると、同銀行のボルネ氏は指摘した。サモア中央銀行も金利を下げて、民間部門による資金調達コストを削減し、投資を促し、雇用を守るための金融政策を行う予定である。



グアムでの基地建設に対して観光保護、人権保護の各団体だけでなく、土地所有者たちも反対しているのです。




2/18 Radio New Zealand International PIR
グアムの土地所有者達が米軍による基地機能強化計画に反対している。

グアム土地所有者協会は、同地において米軍が計画している基地機能の強化に反対するとの立場を明らかにした。クリントン国務長官と中曽根外務大臣が東京において、8千人の海兵隊の沖縄からグアムへの移駐を2014年までに行うとした協定に署名を行った。

同協会のアントニー・サブラン氏は、グアムの人口が10%増加する海兵隊の移駐計画を支持するかどうかに関してグアムの住民はこれまで意見を求められてこなかったと指摘した。サブラン氏は、グアムの人々は土地を失うだけでなく、アイデンティティをも失うだろうと述べた。



中国と太平洋諸島との関係は非常に強化しています。特にパプアニューギニアには豊富な資源があり、経済的に龍谷は太い関係で結ばれるようになりました。




2/23 PNG Post-Courier PIR
中国のパプアニューギニアにおけるニッケル事業が順調に進んでいる。

中国の金属関連の巨大企業、MCC社は、世界的な金属に対する需要減退、価格下落という現在の状況にもかかわらず、パプアニューギニアのラム・ニッケル開発事業を完全な生産体制で進めていくことを明らかにした。

MCC社が世界規模で展開している6つの金属開発投資事業のうち、パプアニューギニアの事業は最も優先度が高い事業であり、来年には予定通り初めての輸出を行うことができるだろう。完全な生産体制が始まれば、2000人以上の男女が同事業において採用されるが、2000人のうち4分の3の人々はパプアニューギニア人となるだろう。

ニッケルの輸出により、同国のGDPは8~10%増大することが予想されている。
スポンサーサイト



<< 太平洋上における放射性物質の輸送、グアムと北朝鮮、太平洋の海底資源 | ホーム | 島の歴史を島人自身で掘り起こそう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP