FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋上における放射性物質の輸送、グアムと北朝鮮、太平洋の海底資源

2009年3月の太平洋ニュースをお伝えします。

日本政府は太平洋上で放射性物質を輸送し続けています。非常に危険な物資を自らの聖なる海を利用して運搬している日本政府に対して太平洋島嶼の人々は懸念の目を持ってみています。




3/2 Radio New Zealand International PIR
環境保護運動団体が、太平洋上における放射性物質の海上輸送に対して警告を発している。

フィジーに拠点を置いているNGO、太平洋問題資料センター(PCRC)は、再処理された放射性物質をフランスから日本に海上輸送する計画に対して強く反対するとの声明を出した。

プルトニウム、再処理されたウラニウム、融合酸化物を3つのルート(希望岬回りルート、ホーン岬回りルート、パナマ海峡回りルート)のどちらかで、フランスから日本に海上輸送する予定である。PCRCの関係者は、太平洋諸島民の生活にとって重要な海洋環境に対して放射性物質の海上輸送が大きなリスクを与えるおそれがあると述べた。



米国はグアムを戦争の島にするための計画を着実に進めています。この現実を来月グアムに行って見てきたいと思います。




3/3 Radio New Zealand International PIR
米軍がグアムにおける対空戦闘準備態勢を強化している。

米国政府は、レイダーによって捕捉できない爆撃機と戦闘機の発進準備をグアムにおいて始めた。これは、北朝鮮が長距離ミサイルを発射実験する計画に対応したものである。

北朝鮮は今週、平和的な宇宙利用計画の一環としてロケットに衛星を積み込んで打ち上げる計画があるとの声明を出した。この声明は、2014年までにグアムに沖縄から8000人の海兵隊を移駐する協定を日米が結んだ直後に出された。

グアムにあるアンダーセン空軍基地は太平洋における米軍の主要な作戦拠点である。米空軍大将は、今回の戦闘準備態勢は政治的なメッセージを出すことに目的があるのではなく、北朝鮮をめぐる緊張が高まった際に太平洋において米軍の強力な軍事力を示すためのものであると述べた。


トンガ沖の海底資源は経済的な採算性が確認されれば、豊かな富を島にもたらすでしょう。島嶼国は海洋も有しており、軽視できない存在です。



3/10 Matangi Tonga PIR
トンガ沖の海底資源開発が注目を集めている。

今年後半期において、豪州の開発会社であるブルーウォーター・メタルズ・サウスパシフィック社は、トンガの排他的経済水域において高質の銅・金・亜鉛・銀等の海底資源の開発調査に乗り出す予定である。65000㎡の広さの海底にこれらの資源が大量に存在しているとされている。

これらの資源を引き上げて販売することが、経済的に採算が合うかどうかはいまだ明確ではないが、同社は海底調査により開発の可能性を決断する予定である。昨年、同社はトンガ政府から海底資源開発の許可を与えられたが、同社のほかに、ノーティラスミネラルズトンガ社、韓国海洋調査開発機構も開発の許可が与えられた。

ブルーウォーター・メタルズ・サウスパシフィック社は、パプアニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツ、フィジー等の島嶼国沖においても海底資源の採掘調査を実施している。
スポンサーサイト



<< you tubeに第8回ゆいまーる琉球の自治in伊平屋島をアップしました | ホーム | 母国への送金経済、グアムでの基地反対運動、中国とパプアニューギニアとの経済的関係強化 >>


コメント

個性豊かな太平洋に点在している島々と世界を結ぶネットワーク構築力に、欠かせない重要な役割を持った位置に、琉球はある

琉球人達は、より広く、世界視野を拡げなければならない!
自分達自身の為にも、世界に果たすべき役割の為にも。

鎖国や、封建的時代の壁は、完全に、過去のモノとならなければならない。
極東の憂鬱な壁を、私達自身の意識改革や、精神革命によって、どんどん取っ払っていこうではありませんか!

黙っていたって、何も始まる事はない。
幸せは歩いて、やって来てはくれない。

目覚めた琉球人一人一人が、確かな行動を起こしていかなければならない。

個人努力を奨励したい!いろんなウチナーンチュがいたって構わない!
生きる事に、めり張りを失い、その結果、琉球魂を陳腐なモノにしてはならない。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP