FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ばがー島クリンアップ運動

1月26日の八重山毎日新聞の記事を紹介します。

地域の青年が島のごみ問題を自らの力で解決しようと、5万人のごみひろい運動を展開しました。島を思う人の心意気が伝わってきます。

以前、石垣島に行き、朝、市内を歩いていると道路を清掃している方をよく見かけました。何の報いをもとめず、島を自らの力で綺麗にしようという活動はまさに自治的自覚にもとづく自治であると思います。

2月中旬、学生とグアムとパラオに行く予定ですが、グアムではビーチクリーンのボランティアを行う予定です。
地元住民だけでなく、石垣島を訪問する70万人以上の観光客もこの運動に参加したらどうでしょうか。





ばがー島クリンアップ運動
 八重山青年会議所(JC、黒島栄作理事長)が、創立50周年記念事業として、5万人のごみひろい運動を1年間を通して展開する。題して「ばがー島クリンアップ運動」だ。延べ人数とはいえ八重山の全人口の5万4000人を達成するのはかなり厳しいが、郡民一人ひとりの参加協力で、八重山JCが企画したこの小さな島の大きな挑戦をぜひ成功させたい。そして日本最南端のわたしたちの町をごみのない美しい町にし、全国にもアピールしたい。

 ごみで汚れている町というのは、ごみをひろう人より捨てる人が圧倒的に多いからで、これを「捨てない心・ひろう心」を広めることで逆転し、きれいな町にしようというのが「ごみひろい5万人運動」の趣旨だ。

 八重山も今はごみで汚れているところが目立つが、一方で清掃活動のボランティアの輪も大きく広がっており、毎週どこかで清掃活動が展開され、確実に町はきれいになっている。

■小さな島の大きな挑戦
 石垣市環境生活課が把握している清掃ボランティアは、たとえば09年度は94個人、165団体の延べ5600人に上る。大浜哲夫さん、尾方昭太郎さん、河上眞一さん、山崎雅毅さん、後藤一弥さんらは個人でほぼ毎日清掃活動しており、八重山電気工業は毎週、美崎大通り会、登野城婦人会、家庭倫理の会、未来の種の団体や事業所はほぼ毎月実施しているという。

 さらに昨年の下半期に本紙に掲載されたものをみても、石垣ビーチクリーンクラブ、マックスバリュ従業員、市青年団協議会、ガス協会沖縄支部、辻環境文化研究所、アンパルの自然を守る会、八重山環境ネットワーク、大米建設工事協力会、船浦野崎橋工事3業者、農友会、大浜公民館自警部などがそれぞれの地域で清掃をしている。

 この環境美化への意識の高まりは、昨年11月に平野海岸で行われた第2回海ラブフェスタの清掃活動に、家族連れや中高校生など一般市民500人余が集まったことにも現れている。

■各学校の参加が力に
 そうはいっても5万人を達成するのは極めて厳しいのは確かだ。それは毎日160人前後が参加しないと到達できないからだ。しかしだからこそこの運動の意義があるといえる。

 わたしたちの周辺には表に出ないボランティアも多い。そういう意味ではこうした人たちが積極的に名乗り出てさらに近年は前述のように市民の環境美化意識の高まりもあるし、こうした人たちがさらに積極的に運動に参加すれば延べ5万人達成は十分可能だ。というよりぜひ達成したい。そのためにも特に学校には、環境美化教育の一環として学校ぐるみ参加を望みたい。

 もしこの運動がこのように盛り上がれば、「日本最南端の島のごみひろい5万人運動」として県内や本土のマスコミも注目。案外本土あたりから「ごみひろいツアー」も出てくるかもしれない。ぜひそうした現象が出てくるように盛り上げたいものだ。

 ごみがあるところにはごみが増え、きれいな花が植えてあるところには空き缶のポイ捨てもないように、郡民一人ひとりが運動に参加することで、おそらくごみを捨てる人も減り、それぞれの家庭や職場でのごみ減量化への意識も高まるはずだ。それによって町や島がきれいになるだけでなく、3市町のごみ処理費が節減され、最終処分場の延命にも直結する。

 各字会や地域公民館、各種団体、学校、事業所、個人の参加を願いたい
スポンサーサイト



<< 琉球の聖地になぜ、ゴミを捨てるのか | ホーム | 奄美諸島の人口減少問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP