FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄の百年をめぐる激論─シンポジウム「二十一世紀 沖縄のグランド・デザインを考える」報告

「沖縄の百年をめぐる激論─シンポジウム「二十一世紀 沖縄のグランド・デザインを考える」報告」と題する小論が藤原書店の『機』2002年11月号に掲載されましたので、ご紹介します。

このシンポジウムは沖縄コンベンションセンター劇場ホールで開かれました。このシンポ開催にあたり、金秀、沖縄ツーリスト、ゆいまーる沖縄、当銘商事等の県内企業から協賛金を頂戴しました。

準備の段階、当日においては、嘉手納さん、当銘さん、東江さん、藤原書店の社員の皆様、会場に来られた方々をはじめとする先輩、友人、知人にも大変お世話になりました。心よりお礼を申し上げたいと思います。

現在は各島の住民が直接、自らの責任をもって対話をしながら、問題を直視し、解決のための糸口を探るという「ゆいまーる琉球の自治」の集いを開いています。

本シンポジウムの内容は『別冊環:琉球文化圏とは何か』に収められています。



 沖縄自身が将来の百年を自らの手で決めるためのシンポジウム、「二一世紀、沖縄のグランドデザインを考える」が九月七日に開かれた。

藤原社長と私は、この企画を考えた際に、一定の結論(グランドデザイン)を最初から想定して、パネリストを選ぶのではなく、見解の違う者が自己の責任において、沖縄の百年像を提示することを目的にした。

この三十年間、沖縄開発庁は東京において沖縄の未来を決めてきた。他者まかせではなく、沖縄の中でこれからの百年を議論して自らの問題として認識することが重要であると考えた。

その意味で、議論は大変白熱した。何度か拍手が沸き起こり、熱い質問の声が飛んだ。コーディネーターの川勝平太氏は、会場からの野次を鎮め、パネリストの対立点を明確にしながら、意見を引き出し、全体として議論をみごとに調整された。 

体調を崩され、沖縄に来ることが叶わなかった岡部伊都子氏のお手紙「沖縄こそ真のニライカナイ」が、最初に朗読された。

体の底からにじみ出る非戦の思想に満ちた言葉が、広い会場に響き、聞く者の心を打った。日米の従属下から脱するために、沖縄が共和国として独立すべきとの言葉で結ばれた。

岡部さんの言葉は沖縄の人々によって永く語り継がれるだろう。

その後、私が次のような問題提起をした。沖縄は中央集権体制から脱却し、独自な税制・権限を有した道州制を形成して、海洋世界の中で個性ある経済(経世済民)を確立する。

そして、沖縄が一定の外交権を保持し、平和外交を展開して米軍基地を縮小・撤廃する。補助金、安全保障を日米に依存せず、沖縄は自立すべきであると主張した。

我部政明氏は基地がもたらす問題を指摘し、「日本は沖縄に甘えている」と喝破した。

仲地博氏は、地域レベルの自治や人権意識の確立、平和主義という理念を追求することの重要性を切々と説いた。

高良勉氏は、沖縄は常に自己決定権を保持しており、日本と離婚する権利を持っていると、沖縄独立を高らかに宣言した。

文化の内発的発展について語ったのが上原美智子氏であった。政治形態がどのように変化しても「人の心」が大切である。

内発的に文化をつくり続けるという毎日の充実感、幸福感、その積み重ねによって、沖縄文化の百年が意味あるものとなる。

沖縄を愛するがゆえに厳しいことを言わせてもらうと前置きされたのが、櫻井よしこ氏であった。

アジアの海において中国は海上覇権を推し進めている。米軍基地がなくなれば、沖縄は中国の支配下におかれよう。なぜ琉球王国が滅亡したのか、中国の脅威をどのように防ぐのか。理想を追い求め、現実を客観的に直視しないことが沖縄の弱点であると語った。

大城常夫氏もアジアの安全保障という観点から米軍基地の存在意義を認めた。また、沖縄に対する行政投資額は他県に比べて多くなく、補助金は必要であると述べた。

今後百年、沖縄は日米に依存するのか(現実)、自立するのか(理想)を巡って、パネリストの見解が大きく分かれた。

今から百二十三年前まで独立国・琉球であり、中国の朝貢国であった。戦後五十年間、沖縄は日米安保の要であった。

大国によって自らの歴史が左右されてきた沖縄を、今後百年、どのようにして自立した理想の島(ニライカナイ)にするのか、という課題は、沖縄だけでなく日本全体に突きつけられていると考える。


スポンサーサイト



<< 琉球―文化都市の植民地構造①  | ホーム | 松島泰勝の著書、主要論文のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP