FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の聖地になぜ、ゴミを捨てるのか

2月2日、沖縄タイムスの記事を紹介します。沖縄戦で多くの沖縄人が亡くなった摩文仁になぜゴミを捨てるのでしょうか。

見えない霊的で神聖なものに対する尊敬の気持ちが薄くなっているのではないでしょうか。

ボランティアや糸満市職員さん等の清掃活動は大変、尊いものです。摩文仁の聖地は沖縄人の心の鏡です。
沖縄人、慰霊団、観光客ともに聖地を守る心がけが必要だと思います。





糸満市摩文仁の沖縄師範健児之塔南側の山林で1月30日、不法投棄ごみの撤去作業があり、県内の宗教関係者らでつくる民間ボランティアや糸満市職員ら約120人が参加した。約4時間の作業で空き瓶や空き缶など約3・5トンのごみを収集。新たな投棄場所も見つかり、参加者からは県など行政主導による撤去を訴える声も上がった。

 場所は草木が生い茂る足場の悪い急斜面を降りた所で車や重機は現場に入ることができず、作業はほぼ全て手作業。参加者らは、ごみ収集車両が待機する駐車場まで200メートル余の道に列をつくり、手渡しでごみ袋を運び出していた。

 土砂や枯れ葉などとともに一帯を埋め尽くす大量のごみに参加者らはがくぜん。「掘っても掘っても切りがない」「まだ遺骨が眠っている聖地なのに。捨てた人は平和の心も一緒に捨ててしまった」などと、ため息交じりの声が漏れた。

 同作業の発起人で40年近く遺骨収集に携わっている金光教那覇教会の林雅信さん(71)=那覇市=は「摩文仁は鎮魂と平和を象徴する場。だが一歩裏に入ると不法投棄ごみがあり、その下にも遺骨が眠る。

これで聖地と言えるのか」と憤る。市の協力を得ても民間だけでは限界があると強調し、「県が立ち上がって参加を呼び掛けてほしい。文字通り、誰が見ても聖地と言える場、見えない所まで聖地と呼べる場所にしなければならない」と訴えた。

スポンサーサイト



<< 琉球と東アジア文化圏をつなぐもの―「自治」と民際学- | ホーム | ばがー島クリンアップ運動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP