FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球と東アジア文化圏をつなぐもの―「自治」と民際学-

3月5日、沖縄大学にて以下の内容のシンポジウムを開催する予定です。ご参加、ご希望の方は私にご連絡ください。




シンポジウム「琉球と東アジア文化圏をつなぐもの―「自治」と民際学-」
龍谷大学経済学部教授
                       松島泰勝

【趣旨案】

琉球が日本に「復帰」して2011年で39年となる。その間、琉球は自立に向かって進んだのだろうか。自治は確立されたのだろうか。むしろ振興開発とリンクする形で米軍基地が押し付けられ、国に大きく依存するようになった。

普天間基地の「県外移設」という公約も破られ、日本政府は辺野古新基地を建設しようとしている。
琉球はかつてアジア諸国と交易を行った海洋国家であり、東アジア文化圏の諸地域と多くの歴史的、文化的共通性を持っている。

民と民との直接的な関係性を重んじる民際学の考えに基づいて、琉球の人々が東アジア地域の自治的自覚をもった人々とつながり、アジアとの間で「ゆいまーる」関係を築くことで、現在、琉球が直面している閉塞状況を打破できるのではないか。

 琉球が今抱えている問題を真剣に考え、将来の方向を決めることができるのは琉球人自身である。琉球は東アジア文化圏の中に存在しているのである。国民国家、国境を越えて東アジアにおける自治、民主主義について議論し、琉球のあるべき未来像を提示したい。



日時:2011年3月5日(土)午後2時~6時 
場所:沖縄大学大講義室(3号館101教室:170人)


プログラム:

14:00~:挨拶・趣旨説明[松島泰勝(龍谷大学)、緒方修(沖縄大学)]各5分

14:10~14:40:基調講演[片山善博(総務大臣)] 仮題「沖縄と自治(仮題)」

 14:45~:問題提起
松島泰勝(龍谷大学教授・島嶼経済論)

王柯(神戸大学教授・国際関係論)

佐藤優(作家、元外務省主任分析官、母親が久米島出身)

大城立裕(沖縄を代表する作家)

16:00~:唄と話[海勢頭豊(琉球の平和ミュージシャン)]
16:20~16:30:休憩

16:30~:全体討論  (質問用紙回収)
17:40~:質問回答、全体のまとめ
17:55~:閉会の挨拶[仲地博(沖縄大学副学長)]

司会:仲地博(沖縄大学副学長)

主催:龍谷大学社会科学研究所民際学研究会、NPO法人ゆいまーる琉球の自治
共催:沖縄大学地域研究所

後援:沖縄のマスコミ各社
協賛:藤原書店、沖縄ウェルカルチャースクール
スポンサーサイト



<< グアム、パラオの人、社会、自然に触れる | ホーム | 琉球の聖地になぜ、ゴミを捨てるのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP