FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の古老から学びたい

2010年12月23日、2011年1月21日の琉球朝日放送の番組をお伝えします。

私の父親は76歳、母親は74歳で沖縄島の那覇で生活しています。毎朝、晴れているときは近くの奥武山公園で
ウォーキングしています。元々は父親の糖尿病治療のために始めたのですが、いまでは注射も打たなくてすむまでに回復しています。足が少し不自由で杖をつきながら、ゆっくりゆっくり歩いています。

母親も一時期、膝を痛めていましたが、回復して歩いています。母親は自治会活動、デイケアー支援、民生員等、ボランティア活動を毎日しています。

実家では命の薬である食事も、体のことを考えた食べ物です。生活スタイル、食事にも自治の生き方が現れてきます。

琉球の古老の方から多くを学びたい。それも、ゆいまーるの集いの大きな目的の一つです。




おじぃさんおばぁさんの命薬。きょうは、那覇市の古波蔵伸子さんをご紹介します。

ズンドコズンドコと体を動かすのは・・・、82歳の古波蔵伸子さん。キメのポーズもばっちり決まっています。

伸子さんは、毎週ここでレク体操や民舞などのクラスに通っています。初めての参加者には、気配りも。

伸子さん「みんなお友達です。自分なんかもう長いから」

伸子さんはどんな人なのですか?

クラスの友人「みんなに教えてるわけよ。こっち来たら長生きするよーって」体操を指導する我那覇先生「皆さんの信頼が厚いです」


社交的で友達思いの伸子さん。みっちり2時間の体操を終え、お昼の時間。豪快に新聞紙で包んだ命薬を見せてもらいました。

伸子さん「何が好きかわからん。残り物でなんでもやってるから」

たくさんのおかずは野菜中心のヘルシーメニュー。アンダンスーは、今朝の味噌汁のだしをとったかつおぶしを利用したものです。

きょうの話題は、以前参加した運動会での1コマや、子どもたちにお手玉などの昔の遊びを教えるボランティアについて。

このほか伸子さんは18歳の時に、沈没した対馬丸に乗り遅れて命が助かったことなど、自らの戦争体験を伝える活動もしています。そんな伸子さんのスケジュール帳は来年まで予定でいっぱい。

伸子さん「2日ぐらい(外に)行かないと太るんですよ。0.5キロぐらい太る。こっちあるの全部口に入れるから」

食後休みもそこそこに伸子さんが向かうのは・・・。


やって来たのはスイミングスクール!水中ウォーキングで足腰を鍛えます。1日に習い事を掛け持ちするのは当たり前なんです。

伸子さん「私、3カ月で2キロ減らしたから。ずっと1日ごしに来てたんですよ」

トレーニングマシンにも真っ先にチャレンジ。子どもたちにだってまだまだ体力は負けません。

伸子さん「クロールもできるんだけど、それさせてくれたらいいのにねって思うわけよ」

取材スタッフも脱帽。元気な伸子さんでした。1月には、小学校にたこ作りを教えに行くそうです。来年も忙しそうです。




元気なおじいちゃんおばあちゃんを紹介する「おじいおばあの命薬」きょうは、北中城村からです。北中城村は、女性の平均寿命が89・3歳と市町村別で女性の長寿日本一に輝いています。きょうは、そんな北中城村から3人のおばあちゃんを紹介します。

きょうは、週に一度デイサービスに通っている比嘉ハル子82歳。大城ヨシ子さん89歳。太田ヨシさん86歳の3人です。体を動かすことが大好きな3人は、踊りもお上手ですね〜

そんな3人のこの日の命薬は、ロールキャベツや春雨炒め ごぼうサラダに 豆腐の味噌汁とデイサービスで振舞われるランチでした。デイサービス仲間の元気な3人。実は、もう一つの顔があるのです。それは・・・

北中城村のピーアール活動をする「ミス北中城」の3人だったのです

比嘉さん「ミスがんじゅうの比嘉です。」大城さん「サラバンジの大城よし子です。(笑い)まだ若いという意味です。」太田さん「ミスしむじゅらさの太田ヨシです。心が上等という意味。」

ミスといっても未婚のミスではなく、「美しい寿」と書いて「 美寿 」健康で年齢重ねた女性を表しています。では、3人がどのように美しく年を重ねてきたのでしょうか?

ミスがんじゅうの比嘉ハル子さんは、三線を習って20年、古典音楽を歌うことが健康の秘訣です。

比嘉ハル子さん「がんじゅうしないといけないねーって思っているさー。(はるこさんどんなことしたらみんな元気になれるとおもいます?)くよくよしないで、私くよくよしない!」

ミスさらばんじの大城ヨシ子さんは、南米に住んだ経験もある国際派笑顔が素敵な女性です。

大城ヨシ子さん「スペイン語それじゃぁのご挨拶ね,あの朝には、ぶえなすでぃーあすといいます。」「スペイン語でゆーえすといむいべーんとても元気ですよという笑い」

ミスちむじゅらさの太田ヨシさんは、ピンと伸びた背筋。スースーと歩く姿は、まるでモデルさん。それはこの野菜作りがいい影響を与えているのかも知れません。

太田ヨシさん「セロリです おしいですよ。サラダにしてもおいしいし、ちゃんぷるー類にもおいしいし、葉っぱもおつゆにいれてもおいしいよ。すごいですよ。自分の作った野菜食べているから健康だと思う」

スタッフの要望にも快く応じてくれた「ミスきたなかぐすく」ポージングもとてもチャーミング。3人「いいですかかしら」

3人ともきらきら輝いていましたね。健康長寿をピーアールできるミスってとても斬新ですね。美寿きたなかぐすくの皆さんは、今年一年間北中城村の公式行事などに参加し、観光や親善交流を行うそうです来月には、県知事を訪問するととても意欲的でした。

スポンサーサイト



<< 琉球自治共和国連邦独立宣言をyou tubeにアップしました | ホーム | 長寿の人の生き方 >>


コメント

疲れもとれる健康法

虎斑竹専門店 竹虎

http://www.taketora.co.jp/m/index.html


松島さんへ

青竹踏みは、疲れにくくしてくれ、身体の冷えまで、解消出来ますよ!

ここ竹は、虎の模様が表面に現れるのが、特徴の珍しい竹で、私は毎日、暇があれば、力強く踏み付けていますよ!

毎日、快眠!

我々も、竹の精神性に学びましょう!!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 疲れもとれる健康法

琉球人さん

青竹踏みの健康法、ありがとうございました。
私も実践してみたいです。

            松島泰勝

> 虎斑竹専門店 竹虎
>
> http://www.taketora.co.jp/m/index.html
>
>
> 松島さんへ
>
> 青竹踏みは、疲れにくくしてくれ、身体の冷えまで、解消出来ますよ!
>
> ここ竹は、虎の模様が表面に現れるのが、特徴の珍しい竹で、私は毎日、暇があれば、力強く踏み付けていますよ!
>
> 毎日、快眠!
>
> 我々も、竹の精神性に学びましょう!!
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP