FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

関西で沖縄の基地を訴える

今日の京都新聞に、沖縄経済同友会基地・安全保障委員長の宮崎政久弁護士が米軍基地が偏在する沖縄の現状を訴える記事が掲載されていましたので、お伝えします。

琉球の基地問題を日本全体の問題として考えさせるための行動が、人々の自治的自覚を促していきます。

他人事ではなく、自分の問題として考える。それから具体的に琉球の米軍基地をどのように引き受けていくかという覚悟が一人ひとりの日本人に突き付けられています。





急成長するアジアとの共存策を探った「第49回関西財界セミナー」(関西経済連合会、関西経済同友会主催)は10日、京都市左京区の国立京都国際会館で2日目の議論を行った。関西広域連合を核として官民が連携して地域力向上に努めることで意見が一致し、閉幕した。

分科会討議では、リニア中央新幹線の大阪までの一斉開業の働きかけや、環境やインフラ整備など関西が強みを持つ技術、ノウハウを「チーム関西」で提供していく方針を確認した。討議をまとめたセミナー宣言には、関西の企業がアジアなどでグローバル展開する上で、留学生の積極採用や国内人材を外向き志向に転換させる必要性などを盛り込んだ。

閉幕後に会見した下妻博関経連会長は「20~30年後の関西を背負って立つ人材育成が関西に必要、との認識を共有できた。世界に伍(ご)してビジネス展開をする上で、関西で仕掛けづくりをしたい」と話した。

■「チーム関西」で技術PR 地域戦略

 新興国市場で強みを発揮する策として、中分毅日建設計総合研究所所長は「高い技術力を誇るだけではだめ。相手国の課題に応える『知的な営業』が必要だ」とした。高橋祥二郎滋賀銀行取締役京都支店長は「細やかな技術力を持つ中堅・中小企業も加えた『チーム関西』で技術を売り込むことが大事」と主張した。

 一方、服部重彦島津製作所会長は「海外への進出だけでなく、どれだけ外資企業を関西に取り込むかが問われる。大阪湾岸や神戸医療産業都市、けいはんな学研都市にはレベルの高い産業が集積しており、外資を呼び込む素地がある」と期待を寄せた。

 中野健二郎京阪神不動産社長は「日本、関西全体をコーディネートする力が欠けている。メガ・リージョン(広域経済圏)として実行する仕組みづくりが必要」と注文した。

 米倉誠一郎一橋大教授は「関西だけ2年間限定でTPP(環太平洋連携協定)の仮協定を結ぶなど新たな実験をすれば面白い」と提案した。

■留学経験者に就職の門戸を 人づくり

 世界で活躍する人づくりについて、定藤繁樹関西学院大副学長は「学生が海外留学から帰国すると(企業の採用活動は既に終わっていて)、就職の門戸が閉ざされていることがある」と採用方法の在り方に疑問を呈した。

 岡村眞彦三井物産常務執行役員は「就職活動の時期を失えば次がない社会では、留学する気にならない。若者の素直な冒険心、挑戦意欲に水をかけている」と指摘。堀場厚堀場製作所社長も「海外経験のある学生が就職できるよう産業界が対応を」とした。

 入社後の人材育成については、村田純一村田機械会長が現場経験の重要性を強調。「業界が望んでいることをマスターすれば、どこに行っても重宝がられる。国内外を問わず、やるべきことをやらせることが大切だ」とした。

■「京都経由」めぐり議論 リニア

 JR東海が東京-大阪間で2045年の開業を計画するリニア中央新幹線についても、開業時期やルートについて議論を交わした。辻卓史鴻池運輸会長は「東京-名古屋開業から18年後の大阪開業では関西にとって致命的」と早期開業を求めた。

 下妻関経連会長は「早期開業の声を上げるため、(財界の)内々で調整している。ルートが奈良経由か京都経由かでもめると、中央から『関西はバラバラか』と言われる」と説明。その上で「リニアは速さが売りだから京都に止まるのは間違い」と自説を述べた。

 これに対し、柏原康夫京都銀行会長は観光立国を目指すうえでリニアが京都を経由する必要性を強調し、「新幹線も東京、品川、横浜に止まる。客を拾っていくことが大事」と反論した。


■沖縄の現状訴え 安全保障

 米軍の普天間飛行場移設問題などを論じた分科会は、沖縄経済同友会基地・安全保障委員長の宮崎政久弁護士が米軍基地が偏在する沖縄の現状を訴えた。

 宮崎弁護士は、沖縄県知事選後に閣僚が沖縄入りして日米合意に理解を求めていることについて「民主党は辺野古移設を推進する候補を出さなかったのに、(県外移設を訴えた)仲井真知事に公約違反を迫っている」と批判。「安全保障の負担を沖縄に押しつけ、移設先として名前が出ると反対運動を起こす。日本人は何かを忘れている」と指摘した。

 帯野久美子インターアクトジャパン代表取締役は「基地問題について国民的議論をすべき」として、同問題の国民会議を関西経済同友会がつくるよう提案した。

スポンサーサイト



<< 関西在住琉球人の声 | ホーム | 琉球と東アジア文化圏をつなぐもの―「自治」と民際学- >>


コメント

The opening of Japan

議会・会議は議論をして決議をするところである。
それぞれの成案を持ち寄って比較検討することが必要である。
成案がなければ議論にはならない。野次馬ばかりでは、議論にならない。

日本語には時制がない。だから、未来時制もない。
それで、日本人は未来に関する事態を脳裏に展開させることができない。
だから、成案はなく、腹案の段階にとどまることが多い。

あらかたの日本人は成案がなくて、腹案のある人たちである。
合意を得る必要がある場合には、談合を開いて、恣意の摺合せにより決着をはかる。
成案がないのであるから、もちろん筋は立たない。
馴れ合いで決める。だから、日本人は論理的でないといわれる。

腹案・腹積りは、腹の中でもやもやしている。
文章にはならないが、腹芸の原動力にはなる。不言実行の基礎ということか。
本人は、「お前らに、俺の腹の底が読めてたまるか」と誇らしげに考えている。
現実が自分の恣意で動かなければ、腹切りをして鬱憤を晴らすこともある。ああ、むなしい。

成案の世界と腹案の世界は合体することはない。
理想は成案の世界に存在し、趣味は腹案の世界に存在する。
現実対応策を考えるのは英米の高等教育の成果であり、その場の雰囲気を歌に詠むのは日本の高等教育である。
アッケラカンとした世界の中でドライに割り切る人たちは、朧月夜の風情に未練はない。

これらは別次元のことであり、趣味には論拠がない。(There is no accounting for tastes).
歌詠みは、たとえそれが間違いであったとしても理論家の主張に引きずられて行く。
歌詠みは、引かれ者の小唄でも歌っているか。
日米協議がともすれば円滑に進まないのは、協議参加者が大きく文化背景に左右されているからである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP