FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

関西在住琉球人の声

昨年12月1日に京都新聞に掲載された記事を紹介します。

新里さんとは、関西沖縄文庫の金城さんから紹介されました。関西沖縄文庫主催の講演会で話した時、同文庫で
色々と話し合ったことがあります。

沖縄島の西原出身で京都大学を卒業した後、京都新聞で記者をされています。沖縄に対する思いの強さは記事の内容からもうかがえます。

諸見里さん、金城さんからも沖縄差別の話を伺ったことがあります。

私もそうですが、関西に住んでいても、魂、心、体は琉球と一つです。






沖縄知事選 普天間 痛み分かつ覚悟を(京都新聞「取材ノート」)
洛西総局・新里健

沖縄県知事選で再選を果たし、支援者とともに万歳をして喜ぶ仲井真氏(中央)。選挙戦で訴えた県外移設は、本土の人々の意識のありようを鋭く問うている

 米軍普天間飛行場の移設先が争点となった沖縄県知事選は「県外」を訴えた現職の仲井真弘多氏が当選した。京都や大阪と縁のある「沖縄2世」からは、「ヤマトンチュ(本土の人)に高みの見物は許されない」「本土に移設して基地負担を平等にすべきだ」と、本土の人々の覚悟を問う声が強まっている。

 「日本を守るために基地が必要だとヤマトンチュが考えるなら、ウチナーンチュ(沖縄人)ばかりに基地を押し付けず、自分で引き受けてほしい。そんな民意が反映されたと思うし、私も同感」。大阪市大正区に住む主婦諸見里芳美さん(62)は知事選の結果について、そう語った。

 母親は、日米合意で普天間飛行場の移設先とされた名護市辺野古の出身だ。戦前、大阪の紡績工場に単身で出稼ぎに来て、京都市出身の父と結婚。沖縄出身者が多く暮らす大正区に移り住んだ。当時の大阪では随所に「職工募集 ただし朝鮮人、琉球人はお断り」という張り紙があった。沖縄人は「二等国民」扱いだった。遺骨は京都市東山区の大谷本廟(西大谷)に眠る。

 諸見里さんは知事選期間中、本土の人から「誰が勝ちそうなの」と面白半分で聞かれる度にいらだちを覚えた。「高みの見物を決め込むなら納得いかない。ヤマトンチュは観客ではなく、振る舞いが問われる主役のはずなのに」

 自身は大正区で生まれ育ち、今は地元で普天間問題を考える学習会に参加する。「関空や神戸空港は沖縄と違って近くに民家はない。移せる」

「日米安保条約の条文には、基地を沖縄に置くとはどこにも書かれていない」「朝鮮半島情勢が気になるなら、基地は北陸に置いた方が近い」「移設候補地のグアムは沖縄と同じ『大国の植民地』。マイノリティーである島民に負担を押し付けるのは良くない」。沖縄にルーツを持つ参加者からはこんな意見も出る。

 普天間飛行場の移設先を辺野古とする政府方針に対する支持率の変化が、共同通信の世論調査結果から分かる。鳩山政権が「最低でも県外」の公約を覆した直後の5月末は25・4%にとどまったが、わずか10日後、菅政権が発足し日米合意尊重を表明すると52・2%に倍増した。

本土の人の多くが、鳩山首相の退陣とともに県外移設を忘却する、という実情がうかがえる。

 勉強会の企画に携わる沖縄2世で、「関西沖縄文庫」を主宰する金城馨さん(57)=大正区=は、知事選の真の争点は本土の人たちの心性だったと振り返る。「本土移設は、ヤマトンチュが普天間移設を自分の問題として考える際の具体策の一つ。

基地が集中する沖縄の現状を黙認してウチナーンチュへの差別を続けるのか、自ら引き受けて差別をやめるのか。仲井真氏の当選によって、一層鋭くヤマトンチュの覚悟が問われるようになった」と指摘する。

 人口が集中する洛中に基地が移設されたら。湖国の住民が愛する琵琶湖を埋め立てて基地が造られたら。その時も「日米同盟は重要」と胸を張って言い切れるか-。

沖縄人が長く過重な基地負担を強いられてきた主因は、京滋を含む本土の人々の無関心や「無視」にある。沖縄を直視するために必要なのは、ほんのわずかな想像力だ。

[京都新聞 2010年12月1日掲載]

スポンサーサイト



<< マーシャル諸島における振興開発による基地押し付け、グアムと台湾との経済関係、パラオのウィグル人 | ホーム | 関西で沖縄の基地を訴える >>


コメント

戦後は特に、日本人は世界から、助けられて来たおかげで、繁栄を築けた

この事は、私達琉球人も、肝に命じなければならない!

私達は、世界の人々からの温かな援助や優遇措置によってのみ、才能を伸ばし、努力が報われる社会を、戦後は築けたのである。

これからの私達は、恩に報いながら、世界と共に歩む事こそ、本道なのである。

沖縄の場合、複雑な事情を背負わされてしまった訳なのだが、沖縄人、琉球人は、奢ってはならない!
慢心に陥ってはならない!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP