FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球―文化都市の植民地構造① 

仁川文化財団研究出版から出版されている、Platform:asia culture reviewという雑誌の2007年06号に拙論「琉球―文化都市の植民地構造」が掲載されましたので、ご紹介いたします。

06号には上海、ソウル、そして琉球という東アジアの都市文化の特集が組まれました。拙論の原文がハングルに翻訳され韓国の読者に読まれる機会をいただきました。

同誌の編集長の崔元植さんは、『環:今こそ、「琉球の自治」を』において、「東アジアにおける琉球と韓国 【内発的発展論とネットワークの間】 」と題して拙書『琉球の「自治」』の書評を書いてくれた方です。

崔さんはPlatform誌上においても同書評を掲載し、拙書を紹介して下さいました。心よりお礼申し上げます。



日本の文化都市政策の失敗

画一的な開発内容に基づき、中央の資本に依存した、日本政府の「地域活性化」策は破綻の連続である。

例えば、1987年に制定された総合保養地域整備法(リゾート法)も失敗に帰したといえる。

現在、リゾートによる雇用者数は当初見込みの4分の1にとどまり、倒産や経営破綻も多発した。

インフラ整備による自治体の財政負担、住民同士の対立、行政への不信、離農化、地価高騰、環境破壊等によって、地方は一段と窮地に追い込まれた。

琉球は日本の中でも特に深刻な矛盾を抱えている。1972年に米軍統治体制から日本に「復帰」した。それから35年間、振興開発費として約9兆円が投下された。

沖縄県の県外受取構成比(03年)をみると、財政の経常移転が42.1%、観光収入が1.7%、基地関連収入が8.4%である。

沖縄県には年間600万人近い観光客が訪れているが、観光収入の約2倍の経済効果を及ぼしているのは国からの補助金である。

県債残高(05年)は約6519億円にのぼり、県の年間予算総額を越えた。1人当たり県民所得は全国最下位、失業率は全国平均の約2倍であり、生活保護受給者も増えている。

地方税の住民1人当たり税収額(05年度)は、最も多い東京都と最も少ない沖縄県では3.2倍の格差がある。

琉球観光には次のような問題ある。閉鎖空間の島嶼に多くの観光客が来島することで、島の環境が破壊され、文化の商品化も進んでいる。

沖縄島の珊瑚礁の約9割が開発によって死滅した。また集客を依存する大手の航空会社や旅行代理店による経済支配が顕著である。

他の産業との経済連関効果が小さく、観光収益が中央に還流している。低賃金、重労働、不安定な雇用形態が一般的であり、離職率も高い。

琉球を訪問するという選択権を有しているのは観光客であり、「沖縄を発展させている」という特権意識をもちながら島を訪問する人も少なくない。

観光客の90%以上は日本人である。観光業を通じて日本人は琉球人の上位に立っていると思い込み、基地問題等、琉球が抱える諸問題に対する、日本人の無関心と傲慢な意識を助長させている。

スポンサーサイト



<< 琉球―文化都市の植民地構造② | ホーム | 沖縄の百年をめぐる激論─シンポジウム「二十一世紀 沖縄のグランド・デザインを考える」報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP