FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昨日、グアム、パラオから帰ってきました

昨日、グアム、パラオから帰りました。

9人の学生たちは事前に島についてよく勉強し、熱心に質問し、ノートをとり、ボランティア、交流活動を一生懸命行いました。私の心を打ちました。私自身も島人、島、そして学生たちから多くのことを学びました。


2月14日
午後15時25分グアム国際空港着、ホテルロード周辺散歩
ホテル沿いのビーチをあるき、沈み夕陽をみました。海岸には戦争時代のトーチカもありました。

>
>15日 

午後1時30分グアム商工会議所幹部へのインタビュー、チャモロビレッジ、文化施設等の見学

なぜ、グアムの基地拡張に賛成するのかを会頭、事務局長から聞きました。しかし、新たな土地の米国による取得には商工会議所も反対していました。
スペイン広場では、グアムの米国からの解放を求めて闘った、エンジェルサントス氏を祈念する写真、祈念碑をみました。
チャモロビレッジでは文化的な自立を求める画家と話を聞くことができました。

午後はグアム大学のシュスター教授から基地拡張の背景、そしてゼミ生から基地拡張に対する自分の意見を聞きました。
>
>
>16日 午前9時~11時 Saint Dominic’sSenior Care Home(老人ホーム)にでボランティア

グアムのご老人と、学生たちが折り紙をしたり、歌を歌ったり、戦争中の話を聞き足りして交流しました。

>
>午後1時30分~2時30分 日本総領事館総領事へのインタビュー

総領事にグアムと日本との関係、現在のグアムの政治経済状況について伺いました。

>3時から5時までIpao Bearch Parkにでビーチクリーンアップ・ボランティア
>>

天の中でしたが、グアムのビーチでゴミ拾いをしました。グアム政府から知事、副知事の署名入りの表彰状をいただきました。

私は以前、総領事館でお世話になった方々と交流をしました。

>
>17日 午前9時30分the Humanities and Social
Sciences building in room 109.:グアム大学、環境保護・人権擁護団体(We areGuahan)メンバーのLisa Natividadさん(グアム大学教授)へのインタビュー

リサさん、学生さんなぜチャモロ人が基地に反対するのかという話を伺いました。お二人とも沖縄に行ったことがあり、沖縄の反基地運動とグアムとのそれとの連携が重要であると指摘していました。

we are guahanのマリーさんのご案内で日本軍によるチャモロ人慰霊碑、軍拡張現場等をバスで見て回りました。

>午後7時55分にパラオに出発

>
>18日

パラオパシフックリゾートをパラオ人職員さんのご案内で回りました。森に囲まれたリゾートで、水を自給し、ゴミ・汚水を処分し、建物は木造、ヤシの木の高さ以上にしないという、エコにやさしいリゾートでした。

 午前11時日本大使館貞岡特命全権大使へのインタビュー
大使からパラオと日本との関係等について話を聞きました。
>
>辻大使館専門調査員と昼食
パラオの環境、経済、財政、生活について辻さんから話を伺いました。
>
>午後1時30分JICAパラオ支所ボランティア調整員・武市直己さんによる説明と質疑応答。

パラオでJICAが具体的にどのような援助を行っているのか等について話を伺いました。
>
>3時:UNDPパラオ事務所所長のSharon Sakumaさんへのインタビュー。

UNDP,ユニセフ、国連人口計画のパラオに関する業務を行っているシャロンさんから各事業の概要と事例について
話してもらいました。

>
>5時:パラオ国務省職員のダニー・ヒガさんへのインタビュー

比嘉さんは沖縄3世です。私がグアム、パラオで働いていたときからお世話になった方です。現在ではパラオ国務省のナンバー2にまでなりました。タニーさんのパラオと日本との関係についてのお考えについて、日本に留学したときの体験などについて聞きました。
>
>
>19日午前:日本人学校補習校生徒との文化交流

補習校が生徒による学習発表会の予行演習に参加させてもらいました。1年間、何を学んできたのかについて発表する内容であり、私たちも生徒とともに歌を歌い、コマ、シャボン玉をしたり、お菓子をあげたり、じゃれあったりして、楽しく過ごしました。
>
>
>午後:国際サンゴ礁センター、コロール州リサイクルセンター・ゴミ処分場訪問、パラオ博物館、首都政府庁舎等を訪問しました。

夜から辻さんがパラオの環境保護によって経済と財政を再建させるという、こころみにいて詳しく話して下さいました。2年からパラオに住み、様々な活動を通じて得られた貴重な経験や知識に基づいた、示唆的なお話でした。

>
>20日 終日エコツアー:ジェリフィッシュレイク・ロックアイランド

世界に一つしかない、刺さないクラゲの湖、ミルキーウエイ、ロックアイランドに行きました。自分の体を通じてパラオの貴重な自然に触れた一日でした。
>>

>21日 
パラオ水産センターに行き、魚、ナマコ、シャコガイの養殖センターに行き、施設の方から説明をうけました。

11時:老人センターでの老人の方との交流をしました。日本語を完全に話すことができるご老人もおり、折り紙、紙風船、コマを一緒にしたり、戦前の話を聞いたり、一緒に歌を歌いました。

午後
クニオナカムラ元大統領へのインタビュー

パラオを独立に導いたナカムラさんから、パラオ独立に関する貴重な話を聞きました。またナカムラ元大統領の半生が書かれたご著書をいただきました。
>
>>>
>午後3時パラオ短期大学学生との交流
日本語教師の河村先生のお力で、パラオ人学生と龍谷大学学生が直接話をしたり、一緒に歌い、コマを回すなどの交流をしました。同じ世代の学生同士で大変楽しそうでした。




以上のようにグアム、パラオで学んだことを、これからの研究、教育、生き方に活かしていきたいと思います。

スポンサーサイト



<< 民主党大阪府総支部連合会への抗議・要請書 | ホーム | 明日からグアム、パラオに行ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP