FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際法と琉球

昨日、琉球の土を踏みました。半袖でもいいくらいの気候です。

今日は、琉球の30代を中心とした若い方々と、国際法と琉球、グアム、パラオ、スコットランドについて話し合う予定です。

琉球の若い世代から刺激を受け、今の現状から学び、今後の新たな展望が見えてくればと思います。



スポンサーサイト



<< 琉球の女性たちとの出会い | ホーム | 今日から琉球に行きます >>


コメント

「ゆいまーる琉球の自治」のムーブメント、五周年まことにおめでとうございます。ご発展、ご健勝をお祈り申し上げます。

多くの若人・学生が参集されるといいですね。

わたし的には、堂々と琉球独立を主張する知識人層を中核とした「民族政党」「民族主義団体」の成立・存在を望んでます。

政見の受け皿になり、存在自体が地域全般に自己肯定感を与え精神衛生上もいいと思います。

沖縄の教員の鬱病率の高さも、二級市民的な政治状況の中で人種的・地域的に自己肯定感・展望をもてないからでしょう。

また存在自体が米日の不遜な植民地主義思想に対して抑止力になると思います。

日本支配層の近代史にとって「琉球同化経営の成功例」は後の帝国主義・植民地経営の雛形だそうです。

当の琉球民族だけが知らないわけです。

NHKのJAPANデビュー第一回?「台湾」で放送してたと思います。

わたし的には「土人」「原住民」で満足です。なにが悪いかです。

本土日本民族は性質が暗い、生理的に自分にはあわない、私見。

天皇制きらい、暗い病的。

Re: タイトルなし

しまうたさん

力強いコメント感謝します。

今琉球にいますが、若い世代が、それぞれの方面で、脱植民地化のために活動しており、
非常に頼もしく、私も学ぶところが多いです。これからの琉球に希望がもてます。
ひとりひとりの琉球の民が自覚し、一人でも行動することが重要です。



> 「ゆいまーる琉球の自治」のムーブメント、五周年まことにおめでとうございます。ご発展、ご健勝をお祈り申し上げます。
>
> 多くの若人・学生が参集されるといいですね。
>
> わたし的には、堂々と琉球独立を主張する知識人層を中核とした「民族政党」「民族主義団体」の成立・存在を望んでます。
>
> 政見の受け皿になり、存在自体が地域全般に自己肯定感を与え精神衛生上もいいと思います。
>
> 沖縄の教員の鬱病率の高さも、二級市民的な政治状況の中で人種的・地域的に自己肯定感・展望をもてないからでしょう。
>
> また存在自体が米日の不遜な植民地主義思想に対して抑止力になると思います。
>
> 日本支配層の近代史にとって「琉球同化経営の成功例」は後の帝国主義・植民地経営の雛形だそうです。
>
> 当の琉球民族だけが知らないわけです。
>
> NHKのJAPANデビュー第一回?「台湾」で放送してたと思います。
>
> わたし的には「土人」「原住民」で満足です。なにが悪いかです。
>
> 本土日本民族は性質が暗い、生理的に自分にはあわない、私見。
>
> 天皇制きらい、暗い病的。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP