FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球フィールドワーク

今日の、琉球新報に「自治と民際学 上」が掲載されましたので、ご関心がありましたら、ご覧ください。


昨日は、午前中、宜野湾市役所に行き、屋上から普天間基地を見ながら職員さんからご説明を受けました。

その後、沖縄国際大学に行き、砂川先生から基地と環境問題について話を伺いました。米軍ヘリコプターが墜落した場所にあったモニュメントを見て、図書館内のヘリ墜落の資料室でも関連資料を見ました。砂川先生がレジュメを作ってくださり、基地による環境問題について詳しく理解することができました。

次に、うるま市の特別自由貿易地域に行き、現状をみました。

そして、海中道路にある海の駅で昼食を食べました。琉球料理バイキングはいろんな琉球料理を堪能することができました。

平安座島の自治会長の下門さんから、島のCTSの歴史と今について伺い、島の開発のあり方をあらためて考えさせられました。

次にコザに移動し、コザのまちおこしをされている照屋さんとコリンザでお会いし、屋上から嘉手納基地、沖縄市をみながら、お話を伺いました。パークアベニューを歩き、コザの資料館に行き、歴史をモノや写真から知ることができました。大型販売店ができるなか、厳しい状況にある商店街ですが、照屋さんたちの様々な試みが風穴を開けつつあることを実感しました。

ゲート前道路をあるき、ミュージックタウン内の居酒屋で夕食を食べました。そのとき、タイムスの与那嶺記者、新崎記者が来てくれました。

学生がタコライスを注文しましたが、米がなく、出せないといわれました。それに対して、与那嶺さんはわざわざ
コザに来た学生にぜひともタコライスを食べさせてあげたいと、店員を説得して、自分でタコライスを買い、学生たちに食べさせてくださいました。

沖縄への愛と、学生への愛を感じ、感動しました。

スポンサーサイト



<< 琉球でのフィールドワーク2 | ホーム | 今日から琉球のフィールドワークが始まります >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP