FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

内なる植民地主義

先日、宮城弘岩さんから電話があり、会いたいとのことでしたので、昨日、意見交換をしました。昨年の知事選の背景、琉球経済の動向、アジアの中の琉球、自治体首長選などについて意見交換しました。

次に、おもろまちで知念さん、照屋さんとお会いして、琉球のなかの植民地主義について話し合いました。

「琉球人、日本人」の区別をさけ、主体的に琉球の問題にかかわらず、「知識人」特有の用語を使って、琉球を研究対象として考える人々が増えています。

自分とは何者であるのかと問うことなく、日本人知識人に受容れることに常に気を使う琉球人研究者もいます。

琉球知識人が「多様なアイデンティティ」として琉球人の当事者性を無化しようとする行為は、沖縄差別という現実からめを背けさせ、結果的に日本、日本人の沖縄差別を補完するものでしかありません。

民族隠しをして、現状の問題に具体的に格闘し、解決しようとしない琉球人知識人(ちきちきじん)が増えています。

上のように考える琉球知識人といつか徹底的に議論してみたいです。

知念さんから『ウシがゆく』を頂戴しました。心より感謝します。琉球の書店でもよく売れ、在庫がなくなっているようです。知念さんのいろんな講演会、ワークショップでも本を買いたいとの希望があるようですが、増刷されていません。知念さんの本を琉球人、日本人の多くが読み、自らの植民地主義に気づき、脱植民地に向けて歩む必要があります。なぜ増刷しないのか疑問です。

琉球人内における植民地主義の根深さを考えさせられるひと時でした。
スポンサーサイト



<< 自衛隊と与那国 1 | ホーム | 与那国島と自治 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP