FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球―文化都市の植民地構造③

基地跡地「新都心」の外部従属性

米軍基地の中には返還された土地もある。その跡地利用においても琉球の外部従属性がみられる。

県の首府がある那覇市に「新都心」と呼ばれる基地跡地がある。同跡地の再開発計画を策定し、実施したのは、日本政府機関の都市再生機構(2004年に地域振興整備公団から組織変更)である。

1987年に同軍用地が全面的に返還され、89年に沖縄県知事、那覇市長が再開発事業の実施を旧公団に要請した。

1992年から再開発事業が始まり、大型商業施設、遊技場、文化施設等が建設された。「新都心」には高額所得者用の高級マンションも建設され、家屋の賃貸料や土地代も県内で上位を占めている。

「沖縄のビバリーヒルズ」とも呼ばれており、基地跡地が琉球人内の貧富の格差に拍車をかけている。

当初、那覇市役所は緑豊かな「田園都市」の形成を目標に都市計画を作成した。しかし、跡地開発作業のスピードアップを図るためとして、那覇市は同機構に開発を丸投げした。「新都心」という街の名称も同機構により決定された。

同機構は土地開発から得られる利益の確保を最優先し、「田園都市」計画に比べて商業・業務施設用地の面積を大幅に増やした。

大型商業施設だけでなく、パチンコ・スロットマシン店等の大型遊技場も乱立し、遊技場の隣に県立博物館・美術館が建設されるという文化都市に相応しくない光景が生まれた。乱雑で文化の香りも感じられず、緑も少ない街に変わり果て、治安の悪化も懸念されている。

都市再生機構は島田懇談会事業(沖縄県米軍基地所在市町村活性化特別事業)として「コザ・ミュージックタウン」事業を展開してきた。

同事業は米軍基地が集中する沖縄市に音楽施設を建設するものである。都市再生機構は利益の獲得を目指して、基地跡地を開発するだけでなく、基地関連の補助金による事業をも請け負っているのである。

日本政府から琉球に投下される公的資金の大半はこのようにして島外に流出してしまう。大規模な建設事業は日本の大企業が受注し、地元企業は利益の少ない建設過程にしか参加できない。

スポンサーサイト



<< 奄美大島宇検村平田の豊かさ① | ホーム | 琉球―文化都市の植民地構造② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP