FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自衛艦の八重山諸島入港

3月4日の八重山毎日新聞の記事です。私が働いている京都府を母港にしている海上自衛隊のイージス艦が八重山諸島に来ました。先島諸島への自衛隊基地建設の準備であると考えられます。

掃海艇は西表、与那国に寄港しました。

先日、与那国に行ったとき、八重山出身の自衛官の写真が掲載され、自衛官の募集を呼び掛けるポスターが街中、町役場の中にありました。

小さな島では自衛隊が大きな影響を与えつつあります。






海上自衛隊第3護衛隊群=京都府舞鶴市=所属のイージス艦(護衛艦)「あたご」(7750トン、全長165メートル、乗組員250人)が3日午前8時ごろ、石垣港の港湾区域内(検疫錨地)に入港した。

入港目的は「乗組員の休養と災害派遣時に備えた港湾調査」という。護衛艦から乗組員約150人が小型船で浜崎船だまりに接岸、上陸した。護衛艦の入港に合わせ、母港の佐世保地方隊からトップの加藤耕司総監も来島していることが分かった。加藤総監は中山義隆市長と面談し、護衛艦を出迎えた。

 先月19日の海上自衛隊沖縄基地隊・第46掃海隊の掃海艇2隻に続き2カ月連続の入港となる。護衛艦は、イージス装置1式や高性能20ミリ機関砲2基などを装備。4日午前8時に出港する。

 護衛艦は同日早朝、崎枝方面から港湾区域内の検疫錨地に入り、石垣島沖合約2キロの海上で投錨、停泊した。このあと、作業艇2隻が3回にわたり、私服姿の乗組員を浜崎船だまりから上陸させた。この間、接岸場所では平和団体の集会が開かれ、プラカードやシュプレヒコールなどで抗議の意志を表した。

 加藤総監は同日午前9時半から中山市長や伊良皆高信議長を相次いで訪ねた。この後、小型船から護衛艦に乗り込み、伊良皆議長や八重山防衛協会の三木巌会長ら役員と会食した。

 中山市長は面談について「加藤総監からは入港の協力にお礼をいただいた。通常の表敬の範囲内と認識する」と述べた。

 一方、海自沖縄基地隊・第46掃海隊の掃海艇2隻「あおしま」「ししじま」は3日、西表島白浜港を出港し、与那国島久部良漁港に寄港した。港湾調査と広報活動(一般公開)が目的という。
スポンサーサイト



<< 住民の合意なく自衛隊の配備を急ぐ日本政府 | ホーム | 先島諸島と自衛隊 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP