FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球と東アジア文化圏をつなぐ 1

P3040380.jpg
3月4日に沖縄ウェルネスカルチャースクールの島袋社長のご招待で、琉球食堂にて交流会を開催しました。本当の琉球の庶民的な居酒屋でした。地元のお年寄り、中高年が琉球音楽をカラオケで歌っていました。ここは私が小学3年から6年まで住んでいたアパートの近くでした。アパートの前には「くろまるそう」という琉球の醤油製造会社がありました。「復帰」後、この民族資本の会社はヤマト企業との競争の結果、なくなりました。

P3040381.jpg
ひーじゃーを食べました。大変おいしく、元気が体の底から湧きあがるのを感じました。琉球人を実感するひとときです。

P3040382.jpg
この度のシンポでは、会場提供、ポスター、チラシ作製、大臣の警備、参加者受付など、沖縄大学地域研究所には大変お世話になりました。手前の緒方さんとは事前打ち合わせ、前日、当日打ち合わせを念入りに行いました。隣の藤原書店の小枝さんにも書籍販売、シンポ内容の録音や撮影等、お世話になりました。後日、シンポのないようは藤原書店の『環』に収録される予定です。

特に地域研究所の浜川さんには前回の国際開発学会の時にも、ご支援を頂きました。浜川さんは小説家でもあり、これからの活躍が期待される琉球の若者です。

P3040383.jpg
大変おいしい琉球の家庭料理であり、ウェルカルチャースクールの社員さんには翌日の交流会でも大変、お世話になりました。朴さん、藤原社長、王さんが見えます。朴さんとは今回、色々と話し合うことができました。また息子さんも一緒に琉球に来られました。

P3040384.jpg
皆で交流し、料理を食べ、酒を飲み、琉球の唄を歌うとともに、翌日のシンポの打ち合わせを行いました。
龍谷大学の池田さんにも事前の準備、当時のお仕事等で色々と活躍されました。島袋社長からも現在に至る歩み、学校長としての信念の話を伺いました。心よりお礼申し上げます。

スポンサーサイト



<< 龍谷大学ボランティアNPOセンターの学生が東日本大震災のための募金活動を始めます | ホーム | 住民の合意なく自衛隊の配備を急ぐ日本政府 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP