FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美空港の米軍機利用

3月8日の南海日日新聞の生地です。

民間空港も米軍が利用できるようになっています。徳之島への米軍基地建設案もあり、米軍は既成事実を積み上げているようでもあります。

奄美は普天間と岩国との中継地点として米軍は位置付けています。
米軍の立場から琉球諸島は軍事的に意味づけさら、利用されています。

軍事優先の空港利用は、自衛隊との共同利用の那覇空港がずばぬけて多いことに改めて驚きました。




戦闘ヘリコプターなどの米軍機が奄美空港(奄美市笠利町)に着陸した回数が2010年で52回に上っていることが7日、国土交通省航空局の調べで分かった。

最も多いのは長崎空港の74回で、次いで福岡空港の60回だった。全国92空港のうち18空港に米軍機が着陸し、長崎と福岡、奄美の3空港で全体の65%を占めている。

日米防衛協力指針(ガイドライン)関連法や有事関連法の成立で、軍用機が民間空港を利用しやすい環境が整っており、奄美空港への着陸は在沖米海兵隊が日米共同演習や米韓合同演習ら向かう途中、給油のために利用したものと見られている。喜界、徳之島、沖永良部、与論の4空港への着陸はゼロだった。

 国交省によると、10年に米軍機が日本国内の民間空港に着陸した回数は287回で、前年より62回減少した。米軍の物資を運ぶ福岡空港で14回、米海軍佐世保基地の足として人員を輸送する長崎空港で37回、給油拠点となっている奄美空港で14回それぞれ減少した。

 奄美関係は、02年から10年までの9年間に奄美空港で580回、徳之島で9回となっている。

 奄美空港に飛来するのは、沖縄県宜野湾市の普天間飛行場から飛来するCH46輸送ヘリやコブラの通称で知られるAH1軽攻撃ヘリなど。

 普天間飛行場と米海兵隊・海上自衛隊共用の山口県岩国基地を結ぶ中継基地としての役割を担った格好だ。米軍から事前に連絡があるのが通例だが、正式な手続きがなかったり、エンジントラブルで緊急着陸した事例もある。

 一方、自衛隊機の着陸回数は92空港中、71空港で2万7842回あり、トップは自衛隊との共用空港となっている那覇空港の1万342回だった。

 奄美関係は、奄美空港が152回、喜界空港は52回、徳之島で27回、沖永良部空港が31回、与論空港は64回だった。

 着陸目的の大半が救急患者輸送で、鹿屋の海上自衛隊と那覇の陸上自衛隊から出動しているという。
スポンサーサイト



<< 鳩間島の自治 | ホーム | 龍谷大学ボランティアNPOセンターの学生が東日本大震災のための募金活動を始めます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP