FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『真振 MABUI』の紹介

現在申請中のNPO法人「ゆいまーる琉球の自治」の理事である、海勢頭豊さんの著書『真振MABUI』を紹介します。海勢頭は琉球の魂の歌い手の一人であると思います。

歌手であることはもちろんですが、バレエ舞台の演出・監督、映画監督(「月桃の花」)、詩人でもあります。



 沖縄の解放が、日本の解放である――沖縄に踏みとどまり、魂(MABUI)として生きる姿が、本島をはじめ、本土の多くの人々にも深い感銘を与えてきた伝説のミュージシャンの初の半生の物語。

喪われた日本人の心の源流である沖縄の最も深い精神世界を初めて語り下ろす。
 代表曲「月桃」「喜瀬武原」を収録したCD付。176頁 2940円
(2003年6月刊)


月 桃
作詞・作曲 海勢頭豊
  月桃ゆれて 花咲けば
  夏のたよりは南風
  緑はもえる うりずんの ふるさとの夏

  月桃白い 花のかんざし
  村のはずれの石垣に
  手にとる人も今はいない ふるさとの夏

  摩文仁の丘の 祈りの歌に
  夏の真昼は青い空
  誓いの言葉 今もあらたな ふるさとの夏

  海はまぶしい 喜屋武の岬に
  寄せくる波は 変わらねど
  変わる果てない 浮世の情 ふるさとの夏

  6月23日 待たず
  月桃の花 散りました
  長い長い煙たなびく ふるさとの夏

  香れよ香れ 月桃の花
  永遠に咲く身の花ごころ
  変わらぬ命 変わらぬ心 ふるさとの夏


喜瀬武原(キセンバル)
作詞・作曲 海勢頭豊

1.喜瀬武原 陽は落ちて 月が昇る頃
  君はどこにいるのか 姿もみせず
  風が泣いている 山が泣いている
  みんなが泣いている 母が泣いている

2.喜瀬武原 水清き 花のふるさとに
  嵐がやってくる 夜明けにやってくる
  風が呼んでいる 山が呼んでいる

  みんなが呼んでいる 母が呼んでいる
  闘い疲れて ふるさとの山に
  君はどこにいるのか 姿もみせず

3.喜瀬武原 空高く のろしよ燃え上がれ
  平和の祈りこめて のろしよ燃え上がれ
  歌が聞こえるよ はるかな喜瀬武原

  みんなの歌声は はるかな喜瀬武原
  闘い疲れて家路をたどりゃ
  友の歌声が心に残る


藤原書店ホームページより
スポンサーサイト



<< 清(ちゅ)ら海の真振(まぶい) | ホーム | 『琉球文化圏とは何か』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP