FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球と東アジア文化圏をむすぶ3

P3050399.jpg
最初に本シンポジウムの趣旨、そして問題提起として自治と民際学、民族差別としての基地問題、琉球独立について、私が話をしました。


P3050401.jpg
私が話した後、沖縄県警の人が演台の後ろにあったガード用のタテを急いで取り除きました。大臣が話す前後、県警の人が大学、教室内に張り付いていました。このようなことは、4年前に沖縄担当大臣が話して以来でした。その時は沖縄県の副知事がきていましたが、今回は来てませんでした。総務大臣だからでしょうか。沖縄県が沖縄担当部局の直轄下にあることを示しています。


P3050402.jpg
次に作家の大城さんが話されました。琉球政府時代のご自身のご経験から、琉球独立の可能性について話されました。以前、対談したことがありますが、非常に感性がするどく、今の日本と琉球との関係に深い憤りを感じていました。


P3050403.jpg
中国の民族問題を研究されている王さんです。ご自身のご体験を踏まえて、民族とは何か、民際学的な民族間交流はできるのかについてご報告されました。人間的にも親しみのもてる方です。


P3050404.jpg
佐藤さんです。佐藤さんは今回のシンポの謝礼、旅費を受け取りませんでした。それだけ、使命感を持って琉球について語っていると思いました。ロシアでのご経験を踏まえて、興味深い観点から琉球の民族問題、言語等についてご提言下さいました。

スポンサーサイト



<< 琉球と東アジア文化圏を結ぶ4 | ホーム | 琉球と東アジア文化圏を結ぶ2 >>


コメント

他の先進諸国で導入されている「義務投票製」を条例で琉球諸島で導入したらどうだろうか。

自衛につながると思う。

琉球は「遅れている」「弱い」というオリエンタリズムを前提に、米・日・中・その他の反琉球勢力・反琉球分子は思惑をめぐらす。

自ら、さらに「政治意識の高い地域・民族」であることを確信的に択び取っていけばいいと思う。

自衛につながると思う。

「琉球民族憲章」もしくは「琉球憲章」のようなものを仮にでも提起があってほしい。人種的に生きるそれなりの指針となると思う。日本国内の公教育でその類が得られるはずがない。


弱小で、違和感を感じつつも認識の持ち方・見解を持つこと、それぞれの個人にゆだねられている、酷なことだ


国体思想による「洗脳」のせいで違和感を認識するのにも罪感覚を持つ。本土でノイローゼになる琉球青年は昔から多い。

Re: タイトルなし

しまうたさん投稿ありがとうございます。他国で行われている義務投票制の具体的な事例をご紹介ください。

以前、仲地博先生、玉野井さんたちばつくった沖縄自治憲章があります。久高島、石垣白保、竹富島にも憲章があります。

しまうたさんが、考える琉球民族憲章の具体的な案があればご紹介下さい。

                            松島泰勝

>
> 「琉球民族憲章」もしくは「琉球憲章」のようなものを仮にでも提起があってほしい。人種的に生きるそれなりの指針となると思う。日本国内の公教育でその類が得られるはずがない。
>
>
> 弱小で、違和感を感じつつも認識の持ち方・見解を持つこと、それぞれの個人にゆだねられている、酷なことだ
> 。
>
> 国体思想による「洗脳」のせいで違和感を認識するのにも罪感覚を持つ。本土でノイローゼになる琉球青年は昔から多い。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP