FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球と東アジア文化圏を結ぶ4

P3050405.jpg
つぎに海勢頭さん、娘さんたちによる歌と話しがありました。心が清らかになる歌でした。


P3050411.jpg
ウェルネスカルチャースクールの島袋社長のご招待で、懇親会を開きました。三田さん、仲地先生、海勢頭さん、朴さんがいます。

三田さんは河上肇が見た琉球をこの目で確かめてみたいとおっしゃって、お忙しいなか琉球に来て下さいました。

朴さんは、『環』でエッセーを連載されているそうですが、琉球についてのエッセーも楽しみです。

P3050412.jpg
仲地先生から、琉球新報に掲載された私の「自治と民際学」という文章に、これまでの私の学問の方法が濃縮されていると思ったというお話を伺いました。

仲地先生には、私が大学院生のころから、公私にわたり、励まされ、教えられてきました。

P3050413.jpg

大城先生と藤原社長です。

大城先生の『小説琉球処分』を読みましたが、琉球併合時の琉球人がどのように日本と闘ったのかが分かる本でした。現在まで続く「琉球処分」ですが、今に生きる琉球人が琉球をどうするのかと、あの時の琉球人から叱咤激励されているような気がします。


お忙しい中、琉球でのシンポに参加して下さった方々、シンポの準備・運営・会場提供をして下さった沖縄大学、
資金援助をしてくれた龍谷大学社会科学研究所そして関係者の方々、そして大臣、各パネラーを紹介し、出席をお願いしてもらいました藤原社長に心よりお礼申し上げます。

琉球と東アジアとの関係を、自治、民際学の観点から考えるシンポになったと思います。
後日、琉球新報に掲載された新聞を読むというコラムでも、本シンポの内容が紹介されていました。

今後も、琉球の島々において自治を民際学的に考え、議論し、自治を実現するための集いを開催していきたいと思います。

スポンサーサイト



<< 与那国町議会での議論 | ホーム | 琉球と東アジア文化圏をむすぶ3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP