FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

時系列で示した与那国の自衛隊問題

与那国在住の方から、時系列で示した自衛隊問題の推移についての資料を頂きましたので、ご本人の了解をとって
公開します。





自衛隊誘致に係る動向(時系列)

H19年・・・・・・・・「与那国防衛協会」を設立

H19年6月16日・・・「自衛隊誘致に関する趣意書」作成署名活動開始

H20年9月5日・・・ 町長及び議長宛「自衛隊誘致に関する陳情」を行う

H20年9月19日・・・決議第4号 自衛隊誘致に関する要請決議(案)について
           提出者/糸数議員、賛成者/我那覇議員・嵩西議員・前西原議員
           反対者/小嶺議員。賛成多数で原案可決する。
要請書は議会での決議内容を全部改ざんした内容で要請されている。
H21年6月30日・・・浜田靖一防衛大臣へ要請行動(町長、議長、防衛協会長)
           「与那国島への陸上自衛隊部隊配置に関する要望書」/要請する。
            (与那国町長、与那国議会議長、与那国防衛協会長の三者連名)
           また、同日付けで以下の関係者宛(3人)へも要請している。
①陸上幕僚長 火箱芳文、
              ②陸上自衛隊西部方面総督 用田和仁
              ③陸上自衛隊第1混成団長 竹内清一
→何故議会での議決から9箇月後の要請なのか?(町長選挙2か箇月前)
H21年7月8日・・・・浜田防衛大臣は与那国視察訪問を行う。

H21年9月2日・・・・与那国町長選挙
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-147931-storytopic-3.html
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/2010/752/df-okinawa.html
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-147940-storytopic-11.html

H22年1月○日・・・・北澤俊美防衛大臣へ接見する。

H22年3月26日・・・北澤防衛大臣は与那国視察訪問を行う。
           その際町長は「与那国への陸上自衛隊部隊配備と防空識別圏の
見直しを文書で要請」/要請する。

H22年8月26日・・・衆議院安全保障委員会 委員長奥田健一行は現地調査目的で来島。
           「与那国島への陸上自衛隊部隊配置に関する要望書」/要請する。

H22年9月12日・・・ 与那国町議会議員選挙(定数6名/与党4人、野党2人)
H22年11月11日・・・参議院外交防衛委員会佐藤公治委員長一行現地調査目的で来島。
            与那国町長は一行へ自衛隊誘致要請しなかった。何故か??
スポンサーサイト



<< 与那国島の離島苦と自治・自立への挑戦 | ホーム | 与那国町議会での議論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP