FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

住民不在の「自衛隊誘致」決議の撤回と誘致活動の中止を求める署名の趣意書


住民不在の「自衛隊誘致」決議の撤回と誘致活動の中止を求める署名の趣意書をお伝えします。
議長の崎原さんともお会いしましたが、体を張って自衛隊基地建設に反対しています。




沖縄県八重山郡与那国町字与那国4688番地
                              与 那 国 改 革 会 議 議長 崎原 正吉




与那国島への自衛隊配備に対しては、賛否両論を含め、町民にはさまざまな意見が存在します。にもかかわらず、多様な町民の意見、また、意見表明の機会は全くないがしろにされ、住民不在のまま、当時の町議会議員だけの判断による「自衛隊誘致決議」が行われました。

2008年与那国町議会九月定例議会
決議第4号 自衛隊誘致に関する要請決議(2008年9月19日/原案可決)

私たちは、住民不在の、この「自衛隊誘致」決議の撤回と誘致活動の中止を求め、ここに署名運動を行います。
つきましては、本署名運動の趣旨、特に、私たちが希求すべき国境の島の平和、自立、住民自治の理念について深いご理解を賜り、ご支援と連携をくださいますよう心よりお願い申し上げます。

私たちの見解と主張

・ 私たちは、島おこしの基本は、「心豊かに、安全・安心に暮らせる島を守ること」、「住民が主体となり、島の自立的な発展を目指すこと」、「住民自治を基本に、先人から受け継いできた島の宝、与那国の資産を次世代に継承すること」にあると考えます。

・ このような考え方に照らせば、「自衛隊の配備」を、あたかも島の発展の切り札のごとく位置づけ、その正当性や必要性を主張する誘致論は邪道であり、むしろ「島の自立的発展」に逆行するものと言えます。

・ 自衛隊を企業誘致になぞらえる向きもあります。が、そのような外部依存、他力本願の「振興」の行き着く先に、果たして私たちが望む「島の将来像」があるでしょうか?

・ 同じく「国境の島」で、既に自衛隊が配備されている対馬の人口が今も減り続けているという実態に鑑みても、自衛隊配備が人口減少を食い止め、島を活性化する切り札であるとする誘致論が不毛であることは明らかです。
スポンサーサイト



<< 与那国に自衛隊がいらない理由 | ホーム | 第10回ゆいまーる琉球の自治の集いin与那国島へのご招待 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP