FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島への自衛隊配備の動き

与那国島在住の方から送ってもらった与那国島への自衛隊配備関連資料をご紹介します。





◆「賛成」「反対」島二分 与那国町長「住民投票も」
日本最西端の国境の島・与那国島に8日、初めて現職の防衛相が訪れた。島内には「国境の島与那国に自衛隊誘致を」「平和な島に基地はいらない」などと、賛否を争うように横断幕や看板が掲げられ、浜田防衛相を出迎えた。

人口増による活性化に期待する賛成派と、近隣国との緊張関係を懸念する反対派。島内でも意見が分かれており、外間町長は「住民投票も一つの選択肢と思っている」と述べ、町民の意向を反映させる場を設ける意向も示した。

島の将来を決める一大事にも「町長からの説明がまったくない」「情報が足りなくて賛成か反対か考えられない」と説明不足のために静観せざるを得ない町民も。町長や町議会議長など町のトップらが誘致活動を推し進める一方で、町民不在の様相も見せている。

空港前では、住民約10人がプラカードを持って誘致反対の意思を訴えた。「誘致賛成が町民の総意だと思われたくない」と参加した自営業の50歳女性は「小さな島だし、親類も多い。声に出したくても出せない人はいっぱいいる」と訴えるが、名前を尋ねると「やっぱり無理です」と答えた。

宮平忠治さん(61)は「町長は一度も説明しない理由を『反対の動きがないから』というが、去年の12月に正式に反対の要請書を出した。自衛隊に頼る町になってはまったく駄目だ」と話す。

 一方「人間がいるということが一番だ」と誘致に期待するのが町教育長の崎原用能さん(61)。「一部の小学校では合併という話も出ており、追い込まれている。人間が増えれば経済が活性化する」と訴える。農業の50代男性も「気象台や法務局など、島内にあった国の出先機関がどんどん閉鎖されている。自衛隊が来たら何か変わるかもしれない」と期待する。

 観光業の30代女性は「大臣が来たことはいま(取材で聞いて)知ったし、町長が求める自衛隊の規模や中身も分からない。島に入ってくる情報が少なすぎて、賛成反対はまだ考えられない」と話した。

2009年8月2日 与那国町長選挙で奇怪な動き
与那国防衛協会の「自衛隊誘致賛成」の横断幕が投票日二日前に突然撤去され、選挙終了後再度掲出される。この状況は、外間町長派が自衛隊問題を選挙の争点から隠すことであったといわれている。

田里さんは「引き続き、民意の声を拾い上げながら、自衛隊誘致問題については、みんなの声を聞いて速やかな行動を起こしていかないといけないと思う」と述べた。

取材した記者は、「500人以上の町民が田里さんに投票した訳で、町長としても自衛隊配備に反対する人達の声を完全に無視する訳にはいきませんから、町長は当選を決めた後に、自衛隊に関する住民説明会を必ず開くと明言している。

また、住民投票を行う可能性について町長は、「住民投票をやることを避けるべきだという意見がある中で、その辺の(与党の町議との)政策調整が出来ていない。(自衛隊配備に)賛成する町民514人が署名を持ってきているが(反対する人達が)どれだけ署名を集めるかわからない。

このあたりの状況を見ながら住民投票をするか、しないか決めていきたい」としつつも、与党議員との関係で住民投票の決断をしかねているという状況」と報道は伝えている。

2010年3月26日 北沢防衛大臣与那国町訪問
8月ごろにまとまる中期防(中期防衛力整備計画)の策定作業の中で、与那国を含めた先島地区という形で配備を検討していく姿勢を示す。防衛相の初来島に合わせ、自衛隊誘致に反対する「与那国町革新共闘会議」(新崎長吉議長)メンバーら20人以上が、誘致に関する町長の説明や住民意見の反映などを求め、空港周辺で抗議行動。

2010年10月21日 米掃海艦が宮古市平良港に寄港市民団体抗議集会
地元の反発の中、米海軍の掃海艦が宮古島市の平良港に寄港した。米軍艦の民間港への寄港は復帰後3度目で平良港へは初めて。
スポンサーサイト



<< 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)による東北関東大震災に関する声明 | ホーム | 与那国に自衛隊がいらない理由 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP