FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なぜ自衛隊配備に与那国人は反対するのか

与那国への自衛隊配備に反対する島在住の方から頂いた資料をご紹介します。

なぜ、自衛隊配備に反対するのかの理由が書いてあります。




・ むしろ、自衛隊配備を通じて何らかの利益に与る一部の人たちだけのための誘致であり、利益誘導であって、島全体、すべての町民に寄与するものではないと考えます。

・ 与那国の町民は、必ずしも、「自衛隊」の存在そのものに反対する意識が高いとは言えません。しかし、過去の戦争で、日本軍が住民を守らなかったという歴史的体験、また、「有事に攻撃対象となる軍事基地は島におきたくない」という意識が、私たち与那国の住民を含む沖縄県民全体に強く刻み込まれていることも確かです。
・ 一方、政府「防衛大綱」が目指している「米軍と自衛隊の一体化」、「基地の共有化」等による基地機能強化の方針からすると、自衛隊の誘致は、与那国空港の2000m滑走路の軍民共用、日米共同使用の道を切り開くことになります。

・ 私たちは、自衛隊が誘致されるまでの過程、軍事基地が誘致された以降も続くであろう機能拡大の意図を見抜くべきと考えます。

・ 沖縄本島においては、普天間飛行場の移転と新基地建設を念頭に、地方自治や議会への介入も行われているという実態が明らかになっています。防衛省等の政府機関、防衛協会等の関係団体、その他さまざまな関係者が総ぐるみで現地に出入りし、大量の資金を投入してでも「目的」を果たそうとしている現実を見据えるべきです。

・ 与那国島への自衛隊配備は、そのまま米軍との共同使用に直結し得るものであること、そして、その結果がこの島にもたらす重大な懸念や現実の可能性について、次世代への責任を含め、私たちは深く憂慮し、あるべき選択を真剣に考えなければならないと考えます。

・ 議会での「誘致決議」という重大な決定に至るプロセスにおける「住民の不在」の問題、そして、極めて憂慮すべき「米軍との共同使用」など島の平和、住民の安全・安心への脅威。この本質に鑑み、「自衛隊誘致」決議の撤回と誘致活動の中止を求めます。

・ 恫喝や利益誘導による政治に終止符を打つとともに、賛否両論で島が二分され、町民が傷つけ合うような自衛隊誘致を、勇気をもって拒否しましょう。
スポンサーサイト



<< 与那国への自衛隊配備の背景 | ホーム | 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)による東北関東大震災に関する声明 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP