FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

放射能問題と乳幼児、妊産婦避難の必要性

宇都宮大学の阪本さんが、放射能汚染から乳幼児や妊産婦を守る運動を展開されています。

阪本さんのブログを見て下さい。

http://d.hatena.ne.jp/SakamotoKumiko10/

東京外国語大学の船田さんが兵庫県に乳幼児受け入れの施設を準備しています。

詳細は以下をご覧下さい。
http://afriqclass.exblog.jp/12351899/

また西表出身の歌手、まーちゃんたちも震災地の「赤ちゃん引っ越しプロジェクト」を進めています。

http://kajipito.net/shinentai/PC/ukeire/

http://ameblo.jp/upo-nokiseki/entry-10848000028.html


政府が発表する放射能の危険な指標は大人を基準としており、もっとも影響を受ける乳幼児、妊産婦に対して別の避難基準を提示すべきです。日本政府は人間の中に乳幼児がいることを認識していないのでしょうか。


阪本さんからのお願いです。皆様のご協力お願いします。




避難できない原発周辺の乳幼児や妊産婦について何かできないか模索・行動して
いましたが、仲間とさまざまな模索をしてきました。元ユニセフ職員ということ
もあり、ユニセフ東京事務所代表の方に相談しましたところ、 原発周辺(例え
ば20-30kmなど)の乳幼児・妊産婦を含む家族(特に自主避難できない貧困家族
や日本語の注意喚起を理解できない外国人)の避難を支援している団体に対する
金銭的支援は無理ではないといわれ、現在、簡易プロポーザルを作成中です。

申請母体団体については、現在調整中ですが、
アフリカ研究者の岩井さんのパートナーで、同じくアフリカつながりの岩田さん
が関わっていて、土壌における高濃度が問題となった飯館村と既に交渉中・調査
中の、千葉県鴨川市大山支援村の避難所 http://hinansho.awanowa.jp/category/news/


アフリカ研究者の舩田クラーセンさやが、兵庫県の社団法人ノオトかさんが兵庫
県で準備している疎開先http://afriqclass.exblog.jp/12371919/、

栃木でも被災者支援を行っているNGO(交渉中)と連携した行動を計画していま
す。

そこで、お願いなのですが、趣旨にご賛同頂けますならば、呼びかけ人になって
いただけませんでしょうか。


今日中に一旦プロポーザルを提出したいと考えていますので、そのためにはなる
べく早いお返事がうれしいですが、それ以降のご賛同も、もちろん歓迎です。

どうぞよろしくお願い致します。

阪本公美子

ksaka@cc.utsunomiya-u.ac.jp

宇都宮大学国際学部准教授

http://d.hatena.ne.jp/SakamotoKumiko10/
スポンサーサイト



<< 与那国島への自衛隊配備誘致と米軍・有事 | ホーム | 与那国への自衛隊配備の背景 >>


コメント

乳幼児疎開

記事参考になりました。
頂戴して行きます。

感謝。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP