FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東京に合わせるのでなく、自分たちのものを掘り起こすことが大切

3月25日の南海日日新聞の報道をお伝えします。奄美と沖縄経済交流フォーラムが開催され、花井さんの声が紹介されています。2007年に奄美大島でゆいまーるの集いをしたときに花井さんからも北琉球と南琉球との関係強化についてのお話を伺いました。

もっともっと琉球弧の島々との関係が深まればと思います。

「東京に合わせるのでなく、自分たちのものを掘り起こすことが大切」という照屋さんの言葉を一人ひとりの琉球人が噛みしめる必要があります。




奄美・沖縄経済交流フォーラム(財団法人南西地域産業活性化センター主催)が23日夜、奄美市名瀬のライブハウスASIVIであった。テーマは「奄美と沖縄どこまで似ている? 奄美の独自性は」。

島尾敏雄や田中一村の作品を生み出した奄美の風土、温かい人柄を評価するとともに、音楽交流、文化の産業化など幅広い提言があった。

 フォーラムは基調講演とパネルディスカッションの2部構成。基調講演はりんけんバンドのリーダーの照屋林賢さん。ウチナーグチにこだわった作品を続け、音楽配信サイトを活用した事業に取り組んでいる。

 照屋さんは「音楽には力がある。りんけんバンドが出て沖縄が注目された。奄美の音楽は独自性があり、外に向けて売り出すいいツール(商品)になる。配信サイトを活用してはどうか」

「東京に合わせるのでなく、自分たちのものを掘り起こすことが大切」と提言した。

 パネルディスカッションは8人が登壇し、奄美と沖縄の共通点や独自性について活発に意見交換した。花井恒三さん(奄美のトラさん)は「文化を産業化しているのが沖縄。奄美は産業に『文化』という付加価値をつけていくことが必要」と指摘し、「400年後は世界がファースト、スロー、ファジーに3極化する。

奄美はファジー(融合)の部分を担うことになる」との見方を示した。

 奄美へのIターン者を支援するサイトを運営している山腰眞澄さんは「奄美は空港に降り立った途端、五感が開いた。生活とともに自然がある」と、奄美の魅力を語った。

沖縄出身のIターン者、町ゆかりさんは「奄美と沖縄の共通性はサンゴ礁文化。奄美は西郷隆盛、菊次郎が再生したように新しい生がもらえる場所」と述べた。

 中山清美さん(奄美博物館長)は「共通点はテゲテゲなところ。欠点でもあり、よさでもある。奄美は琉球と大和の文化を取り込んで、したたかに生活の中に生かしている。

島尾文学、田中一村の作品を生み出したシマを大切にしなければいけない。大島から与論まで『奄美』で包み、奄美力を発信しよう」と訴えた。
スポンサーサイト



<< 与那国について熱く語り合おう | ホーム | 与那国島への自衛隊配備誘致と米軍・有事 >>


コメント

地域力

稲嶺名護市長はよく「地域力」という言葉を用います。
地域に住む一人一人が輝いてこそ地域が元気になる、なにも中央思考でなくていい・・まずは自分の住んでいる地域を見直そう、私たちは私たちの目線から提言しながら稲嶺市政を支える運動を立ち上げます。

Re: 地域力

村山さん

力強いお言葉ありがとうございます。まさに地域力とは地域に住む一人ひとりが作り上げるものだとオッもいます。村山さんのような方がさらに多くなれば、名護という地域は自立し、国からの圧力を跳ね返すことができます。

                         松島泰勝

> 稲嶺名護市長はよく「地域力」という言葉を用います。
> 地域に住む一人一人が輝いてこそ地域が元気になる、なにも中央思考でなくていい・・まずは自分の住んでいる地域を見直そう、私たちは私たちの目線から提言しながら稲嶺市政を支える運動を立ち上げます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP