FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島自衛隊要請過程の不透明性

与那国島在住者から頂いた資料の続きです。

以下の事実をみると、自衛隊要請過程が本当に適法であったのか、住民にちゃんと説明できるものであるのか、いくつかの疑問が浮かんできます。一部の人が反対を押し切る形で自衛隊を要請したのでは、後々に大きな禍根を残します。

町長、議会議長は公人であり、町民、その他の琉球人にしっかりとした説明をしなければならない責任があります。



2009年4月3日 米海軍艦船石垣港に強行入港
「米軍艦船の寄港反対」で石垣港にかけつけた労組、平和団体などの市民約二百人が抗議する中、米海軍佐世保基地所属の掃海艦パトリオット、ガーディアンの二隻が石垣港への寄港、接岸を強行。

2009年6月30日 与那国町長、議会議長らが浜田防衛相に「自衛隊誘致」要請

要請は町長、議長、防衛協会長3者連名で、私的な意味合いが強い(琉球新報取材に対する崎原議長発言)。この要請で、崎原議長が防衛相に提出した要望書に町議会の合意を経ずに公印を押し、一部の町議や町議会事務局も要請行動を把握していなかった。

崎原議長は琉球新報の取材に「(要請は)自費で行き、私的な意味合いが強い」と説明したが、要請を受けた防衛省は「要望書には町長、議長の印鑑も押されていたので、公務としての要請だと受け止めている」と述べ、浜田防衛相も「地域からの要望がある」と発言しており、「私的」と説明した崎原議長との見解に相違が生じている。

自衛隊誘致については、昨年9月の町議会で賛成4、反対1の賛成多数で可決したが、今回の要請文は可決時の内容とは異なっている。

崎原議長は「今回は町長と与那国防衛協会長との3者連名だったので別の文書になった。問題はないと思う」と述べた。

公印は理由を明確にせずに議長の家族が町議会事務局から受け取り、議長が議会の外で押印した。崎原議長は一部議員や議会事務局に告げずに防衛相へ要請した理由について「言ったって反対するから」と述べた。

昨年9月の町議会で反対した小嶺町議は「要請はまったく知らず、ニュースを見て驚いた。通常は議会の要請行動は議決が必要だ。議会は町民の声を反映する場であり、軽視することは許されない。説明を求めたい」と話した。

行政や地方自治に詳しい仲地博・沖大教授(行政法)は「自費で行き、公印を押すことは公私混同であり、議長として望ましい行動ではない。公印は議会全体でなく議長個人の意志として押すこともできるが、その場合、議員や住民に説明ができなければ、政治的な責任が追及されることもある」と指摘した。

2009年7月8日 浜田防衛相、自衛隊配備「検討を開始」、与那国の重要性強調

浜田防衛相は、現役防衛相として初めて与那国町を訪問し、外間町長から自衛隊配備の要請を受けた。防衛相は要請に対し「私が来たことが答えだ」と述べた。同発言の真意について浜田氏は「大変重要な島への意思表示として考えているということで、検討を開始するという意味だ」と述べ、与那国町への自衛隊配備の検討に着手する意向を示した。

記者会見した浜田氏は、与那国島への自衛隊配備に関して「国防上、大変重要な地域である与那国島に初めて訪れることができた。防衛上の観点からの考え方もあり、与那国に空港があり、条件があるなら(自衛隊配備は)検討に値するということだ」と述べ、空港の存在も挙げて自衛隊配備に前向きな姿勢をあらためて強調した。

外間町長は防衛相と会談の中で「(自衛隊の誘致に)住民の一部には反対の意見もあるが、今後は話し合いながら解決の方向に向けて頑張りたい」と話した。
スポンサーサイト



<< 与那国人が自衛隊ではなく自治を求める理由 | ホーム | 与那国について熱く語り合おう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP