FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人の物産を守る

4月1日の八重山毎日新聞の記事を紹介します。

琉球の文化商品を、琉球以外の場所で安く、大量に生産するという経済活動は、ミンサー織以外でも、多くのケースが存在します。

知的所有権の侵害が違法であることは国内法のみならず、国際法でも明らかなことです。

わたしたちが琉球人として民族文化を法的に、また私たち自身の監視機構をつくってまもらないと、あっというまに他者によって経済的、文化的市場が奪われ続けていきます。


琉球人が琉球において生産するという、あたりまえの琉球人の生活を取り戻しましょう。





糸満の業者に表示抹消命令

 石垣市内で八重山ミンサー織の加工品製造・販売を行っているあざみ屋(新賢次社長)が類似商品の販売差し止めを求めていた裁判の判決公判が30日、那覇地裁(酒井良介裁判長)はあざみ屋の主張を認め、糸満市の土産物製造・卸売業者に対して「ミンサー織り」の表示抹消などを命じた。

5年以上にわたる訴訟に新社長は「長い間悩んできたことの結論が出た」と胸をなで下ろした。

 同訴訟は糸満市の業者が福岡県で製織された織物を「ミンサー織」と表示した商品を販売したことに対して、類似商品の販売を差し止めるよう、あざみ屋が2006年に提訴していた。

 判決は「ミンサー」「ミンサー織」と呼称される織物が県外にないことから、福岡県で製織した商品に「ミンサー織」を表示することは消費者に「原産地を誤認させる表示。不正競争に該当する」と指摘。

 「ミンサー織」を表示した商品の販売を認めず、同様の表示を抹消させるとともに、賠償額の一部、約702万円の支払いなどを命じた。

 判決を受けて新社長は「ミンサーの模造品で困っていた経緯もあり、個人・1企業として訴訟を起こし、判決を受けるまで6年かかったが、判決のおかげで主張内容が認められた」と裁判所の判断に一定の理解を示した。

 市商工会の平田睦事務局長は「ミンサーは八重山全体の伝統工芸であり、地域の伝統、ブランドが法律で守られていると受け止めている」と判決を評価し、「八重山全体の特産品のブランド価値を高めることを期待している」と話した。
スポンサーサイト



<< グアムは植民地である4 | ホーム | グアムは植民地である3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP