FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上関の反原発運動と琉球

2月15日の琉球朝日放送の番組を紹介します。





山口県上関町の田ノ浦という自然豊かな海辺に、原子力発電所を作る計画があります。この祝島の人達は10億円の補助金を受け取らずに、30年間反対運動を続けているそうです。

おととしからは埋め立て用の台船を漁船やカヤックで止めるという、まるで5、6年前の辺野古のような海の攻防が毎日続いているんですが、その現場のカヤック隊の若い人が沖縄にやってきました。目的は、東村高江に行くことでした。

金曜の夜、那覇浮島通り。若い人達が集まるライヴ会場に彼らはいました。

「♪俺ら平和に暮らしたい きれいな海が好きでたままらない、これからもずっと笑って遊びたい、だけど原発が出来たら怖いこわーい」

カヤック隊のらんぼうさん「この浜辺があるでしょ。これが田ノ浦ってとこ。ここが原子力発電所を作る為に今、埋め立ようとしている海岸になります。奥のほうに見えるのが祝島」「これが2009年9月10日から始まった抗議行動の様子です。あれが作業台船と云ってあれを使って埋め立て作業をやっていくんですけど」「色鮮やかな船、これがシーカヤック」

カヤック隊のらんぼうさん。抗議行動するメンバーが次々に裁判に賭けられているので、通称で活動しています。作業を妨害した分のお金を個人が請求されているのです。

カヤック隊のらんぼうさん「羽交い絞めにした方の中国電力が羽交い絞めにした彼を訴えました」「今まで妨害してきた、その損害賠償として4800万払いなさいとまず訴えました」

国や企業が反対意見を唱える個人を裁判に掛ける。アメリカではこれをSLAPP裁判と呼び、禁じ手としています沖縄で環境活動をするミュージシャンのKEN子さんは同じく住民個人が裁判にかけられた高江とつながるべきだと間を取り持ちました。

KEN子さん「SLAPP裁判て言うね、ただ自分の生活を守りたいって思ってるだけなのに、力のある人たちがさらに力をかけて裁判をするって言うのが、上関と高江が同時だったんですよ。」「これはもう横のつながりを持たないとこれは小さな村でやってることじゃない」

GENちゃんは、同じ10代の仲間5人と、先月、山口県庁前で10日間のハンストを決行。県に埋め立て許可を取り消しを求めました。マスメディアの動きは鈍かったものの、立ち上げたサイトには1万5千のアクセスがあり、千枚のfaxが届きました。

GEN「やっぱり原発のごみとかもおれたち若い世代の問題やしやっぱ島の人達の本気って言うのを見て心が動いたし、結局は自分のことと捉えてるんです。僕自身の問題やと」

また彼らはすでにインターネットを通じて基地建設に苦しむ辺野古や高江の状況を自分のことと捉えていました。

隼人「本当に基地が作りたくて、あそこを埋め立てるのにわくわくしてる人なんていないともうんですよ。辺野古の海壊してとか、高江の森を切ってでっかいヘリパット作ってびゅんびゅん、みんなが怖がってる上をとんでるのを想像してわくわくする人は居ないと思うんですよね」

なぜ、住民が望まないものを、大きな力で押しつけられるのか。未来を担う自分達の世代がそれぞれの現場と繋がれば世界を変えられるのではないか。翌日、3人は高江の現場に立っていました。

誰かの声「工事はさせませんよ!」すりぬけようとするのを止める隼人さん、集団で押し問答、「教えてください!お名前を聞いているんです」伊佐さん「通してください!」ゲンちゃん「工事やめて帰ってください」「こんなやり方おかしいでしょ? みんな見てますよ!」

「戻ってもらえる?」「あなたたちのことを恨んでないんで。とりあえず戻って、もう給料もらえると思うんで」「戻ってもらえますか」「ありがとう戻ってくれて」

今の人は? 「僕ら別に恨んでないしね。これ以上基地作ると子供たちが戦争で殺されちゃうことにつながるからやめようって。お互いいい方法がないか考えようって言ったら戻ってくれました」

石原岳さん「頼もしいですよね若い人達がやってて。向こうは基地関係ではない、原発だけど、なんか根っこは一緒だし、やられ方も一緒だし」

夜。高江の住民と泊まり込みの応援団が、ささやかな歓迎会を 開いてくれました。山口県の原発反対運動の映像が映し出されると、高江の人達は一斉にどよめきました。「うわー、今日みた景色!まさに同じだ!高江だこれ!」冷たい海の上で、台船にひっくり返されたカヌー。遠い海で展開される同じようなつらい闘いに、みんな言葉を失っていました。

心配そうに見る人々、悲しそうに見る現達さん。一方で、30年も闘い続けている祝島のお年寄りたちの明るさや現場の若い人たちのパワーに、大いに勇気づけられました。

「♪やんばるの森は多様だよ タヨウダヨ タヨウダヨ これからもずっとやんばるもずっと上関もずっとアワセもずっと辺野古もずっとこのままずっといろんな命が生きていけますように」

今はインターネットを通じて動画を見るYoutube,中継できるUストリーム、Twitter、Mixi、Facebookと、何か起きている現場からリアルタイムに何万何十万に発信する手段がある。山口も高江も、これを有効に使っています。

エジプトの民衆蜂起も、ネットが起こした革命と言われていますし、どこかで起きている問題を自分の問題と捉えることが出来る時代。豊かな森や海を残してくれよ、という若い世代の声はどこからどこに向かって発信されてもいいわけですからね。ネット世代が世界の流れを変えていく時代に入ったのかもしれません。

スポンサーサイト



<< 米国は本当に日本の「同盟国」か? | ホーム | 軍事化に反対する国際女性ネットワークの声明2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP