FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球―文化都市の植民地構造⑤

観光・移住による島の支配

 緑溢れる石垣島では現在、開発によって島が大きく変貌しようとしている。2007年3月現在、石垣島における3000平方㍍以上のリゾート施設が7件、宅地造成が9件ある。

規模の小さい建築物(高さ13㍍以上、500平方㍍以上)の届け出も18件ある。2006年における住宅・アパートなどの建築確認申請も406件にのぼり、前年比で17%増加した。

 景勝地の川平湾に面する山原(ヤマバレー)地区には、移住者の色鮮やかな住宅、店舗、民宿が建ち並んでいる。2001年に農業振興地域が見直されて以来、宅地分譲が活発になった。

海岸沿いの米原地区では5階建てコテージ4棟、吉原地区では7階建てマンション、元名蔵地区では130戸の分譲住宅の大型開発計画がある。元名蔵の開発では、山を2つ切り崩して宅地を造成する予定であり、土砂災害、名蔵湾への赤土流出も懸念されている。

 移住者は海の見える高台や海浜の近くに住宅を建設する傾向にあるが、これらの地域には生活用インフラが整備されていない。移住者は住宅建設のため、市役所に生活用インフラの設置を求めているが、市役所は財政難を理由に断っている。

面積が限られた閉鎖空間である島嶼において急激に人口増加すれば、水不足が生じ、水源確保のための開発も必要となるだろう。さらに廃棄物処理など追加的な行政費用の増加も予想される。石垣島には年間約77万人の観光客が訪問している。

しかし観光客の増加にもかかわらず、石垣市は多額の地方債残高を抱え、厳しい財政状況にある。

 2005年時点で人口約4万5000人だった石垣市に、06年の1年間に住民票を移した人は3400人以上にのぼった。その他、住民票を移さないで島に住む「幽霊人口」と呼ばれる人々が1万人ほど滞在しているとされている。

幽霊人口は地方税を納めないで行政サービスを享受しており、財政悪化の一因となっている。移住者の中には地域共同体の行事や祭などに参加せず、旧住民と関係を持とうとせず、自然だけを求める自己中心的な移住者も少なくない。

開発によって風景、自然が破壊されることで、過去との断絶が生まれ、島の文化や自然という、人間が生きる根っ子も断たれようとしている。資金や経営力がある日本企業や日本人が島の自然を囲い込み、経済を支配している。

共同体の崩壊、島の人間のアイデンティティ危機、経済植民地化という状況がみられる。今後、新石垣空港が完成し、団塊世代の大量退職時代が到来するなか、石垣島への移住、投資はさらに増えるだろう。

 2007年6月、米軍艦隊が初めて与那国島に寄港した。米軍側は石垣島への寄港も望んだが、市長の拒否により実現できなかった。

観光客とともに米軍も八重山諸島に向かっている。米軍は中国の動きを牽制するために琉球全体を軍事拠点にしようとしている。新石垣空港は米軍も利用可能であり、観光施設は米軍人の保養所としても利用されるだろう。


スポンサーサイト



<< 琉球―文化都市の植民地構造⑥ | ホーム | 琉球―文化都市の植民地構造④ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP