FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

学生による東日本大震災復興支援活動

4月24日の琉球新報の記事を紹介します。

沖縄大学の学生、教職員、医者看護師が現地に赴き、支援活用と行います。自発性、社会性、無償性を基本とするボランティア活動として学生が支援活動を行い、多くのことを学んで帰ってくると思います。

私が働いている龍谷大学でも、今日は瀬田校舎で、明日は深草校舎で、学生による現地支援活動についてのガイダンスを行います。学生、教職員による募金活動も3月から行い、先日、中央募金会に手渡してきました。

沖縄大学の活動を参考にして、現地でできること、関西でできることなど、何ができるかを学生とともに考えていきたいです。




東日本大震災を受けて、沖縄大学人文学部福祉文化学科(西尾敦史学科長)は23日、津波で壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町に同学科の学生28人を29日から8日間の日程で派遣し、ボランティア活動を行うことを発表した。参加者は医師や看護師、教員らを含め総勢40人。

 ボランティア活動を通して、学生が困難な状況の中で避難生活を続けている被災者と接することで社会福祉の精神を学び、沖縄県内の避難者支援など今後の活動に生かすことが目的。

 避難所の住民や小学校の児童生徒を対象にした心身のケア、復興作業の支援などを行う予定だが、現地の状況に応じて対応する。

 岩手県遠野市の出身で、地震発生時は故郷に帰省していた3年生の出羽美由姫さん(20)は「地震に遭ったが被害の大きい地域には足を運んでいない。同じ岩手県民として何かしたいと思っていた」と強調。

同じく3年生で沖縄市出身の中村愛さん(20)と那覇市出身の仲里奈海さん(20)は「被災者の目線に立った支援を心掛けたい」と話した。

派遣チームの代表で、沖縄県医師会の派遣医師として大槌町で医療支援をした沖縄大学の山代寛教授は「被災者の生活状況を知り、自分たちができることは何か考えてほしい。帰ってきてからがスタートになる」と述べた。

スポンサーサイト



<< 八重山の大津波「明和の大津波」 | ホーム | なぜ在日米軍関係者は公務中だと罪に問えないのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP