FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東日本大震災と奄美諸島の観光

4月21日の南海日日新聞の記事をご紹介します。

観光業が産業の大きな割合をしめる奄美諸島でも、大震災によるキャンセルの動きが顕著になっています。
私が働いている京都でも、外国人観光客数の減少ははっきりしています。タクシーの運転手の方に聞いてい見ると、国内旅行社の数も減っているそうです。

観光業がいかに社会情勢、景気に左右されやすい産業であるかがわかります。

活動や行動の自粛でなく、さまざまな運動や経済活動を活発にすることが、被災者・被災地にとっても大きな支援になると思います。




東日本大震災の影響で、奄美の観光業界は先行きを見通しづらい状況が続いている。3月11日の震災発生直後は関東圏発のツアーを中心にキャンセルが続出。1カ月が経過しても影響は残り、一定規模の参加人数に達して実施する募集型ツアーの中止が発生。

ビジネス客の入り込みも低迷している。一方、島や施設によって状況は異なるが、ゴールデンウイークは「前年並みの予約で、ほぼ満室」のホテルも。夏場にかけて、奄美諸島を舞台にした新たなツアー企画も話題に上り始めた。

 震災と東京電力福島原発事故を受けて、観光事業は全国的に大打撃を受けた。観光庁によると、震災後の全国のホテル・旅館のキャンセルは約56万人分以上。独立行政法人・日本政府観光局によると、訪日外国人は震災後の前年同期比で73%減。全国各地の空港で中国便など国際路線の運休が相次いでいる。

 奄美大島の観光業界は昨年10月の豪雨で、ツアー客などを受け入れるリゾート系施設を中心に苦戦を強いられた。関係機関は年末にかけて、東京、大阪などを巡ってキャンペーンを展開。年明け以降、少しずつ客足が戻り、春攻勢を掛け始めた時期の震災だった。

 北部のリゾート系ホテルは「東京からの慰安旅行などツアーのキャンセルが相次いだ。ゴールデンウイークにかけて回復傾向だが、前年実績には及ばない」。別の同種ホテルは「影響はあるが、本土に比べればまだ緩やか。豪雨の影響が尾を引いていてみな経営は厳しいが、同業他社との連携もあって何とかやっている状況だ」

 奄美大島中部の自然体験型観光事業者は「これからという時期の震災だった。キャンセルも多い。1カ月たって問い合わせが入り始めて少しほっとしている。ゴールデンウイークごろから手応えが強まってくると期待したい」

 奄美市名瀬市内のビジネスホテルは「3月、4月と前年割れ。現時点で、それが震災の影響なのか分析するのは難しい」

 沖永良部島のホテルは「3月、4月と関東方面からの団体のキャンセルが相次ぎ、宿泊数は前年より若干少ない。ゴールデンウイークはほぼ埋まった」。与論島のホテルは「利用者の半数が関東圏発で、影響は大きい。ゴールデンウイークの予約も昨年の7割ぐらいで、先が見えない」

 一方、年間計画で動く修学旅行による入り込みは堅調だ。奄美大島観光協会によると、来島校は関西圏から関東圏にも拡大する見込み。広島県からチャーター船利用の修学旅行も計画されている。昨年から本格化したチャーター機ツアーで、7月実施予定の名古屋発奄美ツアーの募集も始まるという。

 奄美大島と沖永良部の観光施設によると、大手旅行代理店による企画ツアーに西日本シフトの傾向が出始めている。関係者の一人は「旅行業界全体が震災で経営的にも打撃を受け、観光需要の掘り起こしを急いでいる。送客先として奄美にあらためて目を向け始めた様子がうかがえる」と話した。

 奄美市は日本エアコミューターの奄美―福岡線就航日(3月27日)に合わせて実施予定だった福岡市での「元気です。奄美観光キャンペーン―奄美音楽祭」を5~6月に実施する方向で、関係機関と日程を再調整している。

 奄美大島観光協会の斉藤正道会長は「震災被災地から遠いほど影響は小さいと言われている。だから遠い所からどんどん元気を広げていかなければ。がんばろう日本、がんばれ東日本、元気です奄美の心意気で」と力を込めた。
スポンサーサイト



<< 与那国で国が自衛隊配備の準備をすすめる | ホーム | FED UP WITH YOUR BASES ! あなた方の基地にうんざりしています  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP