FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国で国が自衛隊配備の準備をすすめる

4月27日の八重山毎日新聞の記事をご紹介します。

自衛隊誘致に関する町長の町民への説明もなしに、つまり、町民総体の同意もなしに、国は自衛隊配備をなし崩し的に進めようとしています。

来月の与那国島での、ゆいまーる琉球の自治では、自衛隊誘致の意味をしっかり住民とともに話し合いたいと思います。




自衛隊誘致を打ち出している与那国町(外間守吉町長)で20日から25日まで、航空自衛隊入間基地(埼玉県)の電子開発実験群の隊員ら6人が、移動警戒レーダーの運用に備えた電波環境技術調査を実施したことが26日、分かった。調査は25日で終了したという。同調査は、過去に石垣島と宮古島では調査実績があるが、与那国では今回が初めて。

 調査は、特殊車両2台と、電波環境測定装置などの調査機材を使用して、島の▽北牧場▽風力発電近く▽製塩工場跡地▽久部良岳▽南牧場入口の5カ所で、周辺無線局との電波干渉などへの影響の有無を調査した。

 国は昨年12月に閣議決定した新防衛計画大綱で「自衛隊配備の空白地帯となっている島しょ部に必要最小限の部隊を新たに配置する」と明記。

 また、5年間の中期防衛力整備計画(2011~15年度)で「南西地域の島しょ部に陸上自衛隊の沿岸監視部隊を新編し、配置する」「移動警戒レーダーを南西地域の島しょ部に展開することですきのない警戒監視体制を保持する」と、南西諸島の防衛力強化を打ち出しており、今回の調査は、将来的に与那国町で移動式の警戒レーダーの運用を想定したものと見られる。

 調査に対し同町の外間町長は「(防衛省が)粛々とやっていることなので、私がとやかく言うことではないが。用地選定を近くやりたいという話も聞いており、少し動きがあるようだ」と話した。
スポンサーサイト



<< 大震災に対する学生たちの思いとボランティア活動 | ホーム | 東日本大震災と奄美諸島の観光 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP