FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大震災に対する学生たちの思いとボランティア活動

私は龍谷大学ボランティア・NPO活動センター長をさせていただいています。
3月11日の震災後、龍谷大学の学生たちは卒業式、入学式、京都や大津の商店街などで街頭の義捐金募金活動を
してきました。被災者・被災地に対する学生の思いと、献身的な活動に感動しました。

これからも学生さんたちと話し合いながら、支援活動を行わせていただきたいと思います。

以下は、大学のホームページにも掲載されている私のメッセージです。





3月11日に発生した東日本大震災は、青森県から千葉県にわたる広範囲性、津波の被害の大きさ、原発事故など、これまでにない特徴をもつ未曾有の大災害です。

本学では被災された学生のみなさんに対して、学生支援制度を整備・運用し、入学にかかわる手続や学生生活にかかわる経済的支援等、各種の支援を行ってきました。

 3月15日からは大学として第一次の義捐金募金活動を行い、4月15日までに集まった16,784,659円を4月22日に中央共同募金会において贈呈してまいりました。募金活動に協力して下さった学生・教職員・卒業生・保護者に心よりお礼申し上げます。

 被災地の情報が不十分であることや、二次災害の危険性も高い状況にあり、学生の皆さんが自主ボランティアに行かれることは大変危険であることから、当初、本学では被災地における学生の支援活動に対して自粛を呼び掛けていました。

しかし、その後、被災地で支援活動をしたいという学生のみなさんからの要望が高まってきました。教職員の中にも、現地に赴き、様々な支援活動に従事する方たちも出てきました。そこで、ボランティア・NPO活動センターは、4月25日、26日に『東日本大震災復興支援ボランティア・ガイダンス』を瀬田・深草のキャンパスで開催しました。

被災地で活動する際に注意すべきことについて教職員が説明を行いました。深草、瀬田学舎合わせて約200人の学生、教職員が参加し、会場からは熱心な質問や意見の表明がありました。困難な状況にある方々に対して、自発的に自分にできる活動をしたいという学生の皆さんの志、熱意は大変、尊いものだと思います。

現時点でも、十分な予備知識のないまま支援活動を行うために被災地に向かうことは、大変危険であり、かえって被災地の方にご迷惑をおかけする可能性があります。

志、熱意を有効に活かすためにも、被災地での支援活動を希望する学生の皆さんには、被災地に入る前にボランティア・NPO活動センターで説明を受けるようにお願いいたします。

 本学の理念である「共生(ともいき)」の精神を踏まえて、東日本大震災被災者・被災地の復興支援を今後とも進めてまいりたいと存じます。被害の規模の大きさから考えて、復興支援活動は長期にわたるものになると考えられます。

被災者の方が抱えておられる困難を思い続けることも、一つの支援の形です。学生や教職員の間から自発的に生まれてくる支援活動を大学としてもサポートしてまいります。

学生、教職員の皆様のご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


                      ボランティア・NPO活動センター長
                                 松島 泰勝
スポンサーサイト



<< グアム戦時賠償請求、パラオのウイグル人、パプニューギニアと中国 | ホーム | 与那国で国が自衛隊配備の準備をすすめる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP